マイスリーとお酒(アルコール)を一緒に飲むと危険!薬の副作用

不眠症で悩む人にとって、マイスリーなどの睡眠導入剤は、心強い味方です。しかし、どのような薬でも、使い方次第では思わぬ副作用も生じてしまいます。

マイスリーとアルコールを一緒に飲んでしまう。自分の意志に反してそうした行動をとってしまう事はないでしょうか。

やってはいけないと分かっていても、早く眠りたい。ストレスを打ち消したいという思いから、こうした行動をとってしまう人もいるでしょう。
その瞬間はぐっすり眠れたり、精神的には穏やかな気持ちになるかもしれませんが、長い目で見れば危険な行為に変わりはありません。

マイスリーとアルコールの副作用

マイスリーをお酒(アルコール)と一緒に飲んでしまう気持ちは、私には分かります。
薬を処方される時に、医師や薬剤師さんに「マイスリーとお酒を一緒に飲まないでください」と言われます。その理由は、「..薬の効き目が強く出てしまうから」です。

この一言が、不眠症に悩む人にとって、悪魔の囁きとなる場合があります。

マイスリーを飲んでも、眠れない日はあります。神経がいつもより過敏な日。ストレスを強く感じている日などです。
そんな夜に、布団の中でグズグズしていると、どうしても次の日の仕事に影響が出ないかが気になって仕方がなくなります。

「..今日だけは、もう1錠、マイスリーを飲んでしまおうか、、」

と、考える事もあるでしょう。
しかし、薬の量は必ず守るように、医師や薬剤師には言われています。それでも、どうしても次の日の仕事がきつくなってしまう事が嫌で、薬の量を勝手に増やしてしまう人もいます。
この時「..アルコールを飲めば、効き目が強くなるんだっけ」という、「悪魔の囁き」に釣られてしまう人も少なからずいるでしょう。
「ちょっとだけ、、」という気持ちは、徐々にエスカレートしていきます。

睡眠薬_アルコール
マイスリーとお酒を一緒に飲むと、確かに効き目が強くなります。しかし、同時に、副作用も強く出ます(本人が気付いているかは別の話だと思います)。

気分の高揚感が異様に強くなり、訳の分からない事を口走る事が多くなります。普段の自分なら絶対にやらないような行動をとってしまったりもします。
さらに悪いのは、そうした記憶が残らないという事です。マイスリーの副作用には、健忘性が含まれています。
実際にマイスリーを使っている方なら、心当たりがあると思います。

正しい知識を身につける

こうして書いてみると、まるで、麻薬のようなマイスリーの副作用ですが、1番辛いのは、やめられなくなる事です。
マイスリーを処方される時に、医師には「依存性や副作用はほとんどありません。安心してください。」と言われましたが、どうしても私には信じられません。

なぜ、多くの人が睡眠導入剤、マイスリーをやめれずに苦しんでいるのでしょうか。

ところで、ある医師は私の診察中にこう言いました。
「私の友人はマイスリーを飲む時に、一緒にワインを一杯飲む。医者の間でもマイスリーは流行っている。私もよく処方してあげている。それくらい安全です。」

この時は全く知識も判断力も無かった頃なので、なんとなくしか聞いていませんでしたが、今冷静に考えると、背筋が凍ります。
医師を信用してはいけないとは絶対に言いません。しかし、自分の身を守るのは、やはり自分しか居ないのだと思います。

どのような医師を信用するべきか。どの病院へ行くべきか。
、、病気の治療には、正しい知識が必要です。患者さんも、ある程度の知識は自分で持っておく必要があるのではないでしょうか。
同じ不眠症でも、治療する医師によって処方される薬や治療方針が全く異なるという事も、重要なポイントです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く