マイスリーを飲みすぎるとボケる?痴呆症・認知症との関連

私の母は、もうすぐ70歳を迎える年齢です。母を見ていて心配になるのが、睡眠導入剤(マイスリー)を長年服用していて、やめられないという事実です。

もう、かれこれ4〜5年は服用し続けていると思います。マイスリーの服用で、何よりも心配なのは脳への影響です。
特に私が恐れているのは、認知症(痴呆症)が進行しないだろうか?という不安です。

薬

マイスリーと認知症との関連

マイスリーを服用すると、認知症が進行するという明確な根拠が示されているわけではありません。処方箋に書かれている「副作用の説明」欄にも、認知症が進行するとは書いていません。

しかし、私自身、数年に渡ってマイスリーを飲み続けていました。その経験から、この薬が一体どういうものなのかは、身を持ってよく分かっているつもりです。

処方箋などに書かれている薬の副作用というのは、あくまでごく一部の事実でしかありません。
これは、マイスリーに限った話ではありません。長く飲み続けると、自分の体に何が起こるのかは、飲んでみないと分からない部分の方が多いのです。

マイスリーは、長期間の服用は推奨されていないお薬です。
副作用についての注意事項には書かれていませんが、この薬を長く飲み続けていると、気分の落ち込みやイライラが激しくなっていきます。これは、私がはっきりと感じたマイスリーの問題点です。
薬の離脱症状の一種なのかもしれませんし、精神的な依存によるものなのかもしれません。
はっきりとした根拠は分かりませんが、薬をやめようとすると不安で余計に眠れなくなってしまうこともあります。
ですから、私はこの薬をやめるのに、本当に苦労したのです。

母の場合、私より状況は深刻です。私よりも服用している期間は長いですし、何度も服用をやめようとしては失敗しています。

高齢者に多い、マイスリー依存

お医者さんもはっきりと仰っていましたが、最近では高齢者のマイスリー依存は増えています。何度も書いていますが、高齢になれば睡眠の質が低下するのは、当然のことなのです。
睡眠に必要なホルモン物質の分泌は、年齢と共に低下します。それから、そもそも活動量自体が少なくなっているのが普通ですし、エネルギーを消費する筋肉量も減少している場合がほとんどです。

それでも、夜はこれまで通り眠ることに執着し、日中は平気で昼寝をしたり、運動量は少ないわけです。この状態でこれまで通りの睡眠を求めるには、とても無理があります。

このような場合でも、何故か病院に行くと、平気で睡眠薬が処方されます。

マイスリーは、上述したように長期服用によって、日中の意欲の低下が起こります。結果、さらに活動量が低下します。これは、経験上はっきりと確信しています。
マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬です。
これは、麻薬や抗うつ剤と同様に、中枢神経と呼ばれる場所に作用し、精神の状態を穏やかにさせます。つまり、感情を化学的に変化させているのです。

ですから、気分が沈みがちな時にマイスリーを服用すれば、心地良い気分になれるのです。これを麻薬と同じように使用している若者が多いという事実を、あなたは知っていますか?
このような薬を、毎日飲んで、良いことがあるとはとても思えません。

健忘症と、感情の抑制の低下が意味すること

母を見ていると、このままではいけないなと思います。マイスリーの副作用として、健忘症(一時的な物忘れ)があります。
ほとんど意識が混濁したような状態で、夜中に目が覚めた時の事を想像すると、嫌な汗が出ます。
それに、母は「ストレスがあるから眠れない」と言います。それでは、感情の抑制を薬に頼っているということになります。

健忘、感情の抑制ができない。昼間は意欲が湧かない。

こんな生活を続けていれば、認知症が進行するのは目に見えています。
簡単なことではありませんが、一刻も早く、母がマイスリーをやめることができるように、私にできることをやっていきたいと考えています。

2015年9月18日 マイスリーを飲みすぎるとボケる?痴呆症・認知症との関連 はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く