慢性的な不眠症はサプリで改善?!不眠の根本にあるのは..

不眠症に悩む人口の割合は年々増加傾向にあり、統計では、日本の国民の5人に1人は不眠症に悩んでいるとされています。

一時的に眠れなくなるという症状なら、どんな人にでも経験はあるかもしれません。
問題は、慢性的に持続する不眠の症状です。
短期間で解消する場合は不眠症とは言いませんが、長期間に渡り寝つきが良くなく、日中の生活にも支障を来す場合は、立派な不眠症と言えます。
慢性的な不眠

慢性的な不眠の根本にあるもの

不眠の症状には、必ず何かしらの要因があると考えられます。
特に、生活習慣や心の状態は睡眠にも大きく関係します。近年では、時代の変化と共に、不眠の要因も変化しています。
慢性的に続く不眠の症状の原因として多いのが、以下のような理由です。

慢性的な不眠の原因として考えられるもの

  • ストレスや悩み事、不安。
  • 不規則な生活習慣(昼夜逆転の生活)。
  • 食生活の乱れ。
  • 環境の変化。

中でも、慢性化する不眠にありがちなのが、ストレス不規則な生活です。
この2つは互いに補い合うように、不眠の症状を悪化させていきます。

ストレスは慢性的な不眠を引き起こす

ストレスと一言で言っても、人間関係や仕事のプレッシャー、お金の事、将来の事、子供の事など、複雑な問題が挙げられます。
布団に入って、このような考え事をしてしまうと、ほぼ間違いなく眠れなくなってしまうでしょう。

考え事をするだけでも、脳は覚醒してしまいます。そこに不安や恐怖の感情が加わると、更に交感神経が活発に活動し始めます。
また、ただ眠れないという事でさえ、強いストレスを誘発します。
こうした不眠の症状が重なると、「布団に入っても眠れない」という事が条件付けられてしまいます。

眠れない事が当たり前となってしまい、慢性的な不眠の症状は酷くなる一方です。

不規則な生活と不眠の症状

不規則な生活の時間は、慢性的な不眠を誘発するので要注意です。
特に、睡眠の時間は常に一定に保つ必要があります。週末だけは長時間の睡眠をとる、といった行為も、不眠の一因となります。

できるだけ毎日同じ時間に眠り、同じ時間に起床をすることで、体内に睡眠の「リズム」が形り出されます。
また、朝起きて太陽の光を浴びる事で、睡眠に必要なホルモンを生成する神経伝達物質、セロトニンが作り出されます。

朝起きて、夜に眠る。この基本的な睡眠のリズムが、健康的な睡眠を作り出す上でも、非常に大切なのです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く