全く眠れない時、どうすれば眠れる?眠れないのが続く時は

「眠りたいのに眠れない」という状態に陥ってしまうと、身体も精神も辛いですよね。そのような時、「いつかは眠れるから」と思って我慢していると、身体も心も疲れ果ててしまいます。

取り返しのつかないことになる前に、受診してゆっくり休めるよう、しっかりと相談をしましょう。最近では、睡眠薬の種類も幅広く、依存性を最大限に抑えた薬もあります。それでも、確かに睡眠薬には、副作用などのデメリットが存在します。
信頼できる医師とじっくり相談した上で、どの程度の期間服用するのか。考えられる副作用など、的確な説明を受けた上で処方される薬であれば、怖くはありません。
むしろ、不眠を長引させている方が、精神・身体共に悪影響を与えます。

薬

不眠によって引き起こされる危険

不眠を放ってくと様々な危険があります。まずは、身体に必要な睡眠時間が確保できていないため、疲れます。疲れがあるのに不眠という悪循環により、疲労はどんどん蓄積されていき、体調不良につながります。
まさに、負のスパイラルとも言えます。

また、脳の休息もできていないため、神経の働きも低下します。そのため、認知機能と呼ばれている記憶力や理解力、判断力などが低下します。
このような状態で車の運転をした場合に、どのような状況が起こるでしょうか。危険に対しての認知ができないため、事故を起こしてしまいます。

そして、脳の神経の機能低下により、ホルモンの分泌にも影響してきます。過去の研究でも、不眠傾向の人の方が食欲を抑えるホルモン分泌が減少し、食欲を亢進する働きのホルモンが過剰に分泌されるという結果が出ています。
そのため、不眠の方は、食欲が亢進して食べ過ぎてしまい、太ってしまうのです。

食欲が亢進して食べ過ぎると、糖尿病などの生活習慣病にも繋がります。よって、不眠は様々な危険があるのです。

どうなったら病院を受診したらいいのか

症状

ストレスや引っ越しなど、環境の変化による一時的な不眠であれば様子を見ても良いでしょう。時間がたてば眠れるようになるからです。
しかし、1か月以上続く不眠では身体に及ぼす影響が考えられますので、病院を受診してください。

受診先は、メンタルクリニックや心療内科、精神科になります。そこで、医師の問診を受け、不眠の状態に合わせた内服薬の処方が考えられます。
もし、これらの診療科に抵抗がある場合は、かかりつけの内科でも良いでしょう。しかし内科では不眠の状態にあった内服薬の処方は難しいと考えられますので、相談の上、上記の診療科を紹介してもらいましょう。

「餅は餅屋」と言われるように、不眠を専門としているのは専門の睡眠外来、心療内科や精神科になります。適切な治療を受けるという意味でも、こうした病院を受診するようにしましょう。

今、医師から処方される睡眠薬は依存性が少ないものも、中にはあります。不眠で身体を壊す前に、早めに適切な治療を受けましょう。

2016年1月21日 全く眠れない時、どうすれば眠れる?眠れないのが続く時は はコメントを受け付けていません。 不眠症の改善

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く