メラトニンとセロトニン、睡眠のための2つの物質

快適な睡眠を送る為に重要な物質が「メラトニン」と呼ばれる、ホルモン物質です。
メラトニンは、睡眠ホルモンと呼ばれることでも分かるように、不眠を解消する上で大変重要な役割を果たしています。

メラトニンをが睡眠に果たす役割と、脳内物質「セロトニン」との関係を紹介します。不眠で悩んでいる方は、参考にされてみてください。

眠れない悩みを解決する、メラトニン

メラトニンは通常、日が沈む時間帯になると、自然に脳の中で作り出されるホルモンです。このメラトニンは、人間の様々な器官を司る神経「自律神経」に作用することで、精神と身体を、睡眠に最適な状態にしてくれるのです。

自律神経が、睡眠に作用する

自立神経は「交感神経」「副交感神経」という、2つの神経から成り立っています。その中でも「副交感神経」は、脳をリラックスさせ、体温を下げたり、心拍数を下げたりすることで「眠りにつく準備」をしてくれます。

メラトニンが分泌される事で、この副交感神経にスイッチが入り、人は眠気を感じる事ができるのです。
そして、副交感神経と真逆にあるのが「交感神経」です。心拍数や体温を上げ、身体を適度な緊張状態に保ってくれる働きがあります。

夜になっても、身体や心が緊張したままでなかなか寝付く事ができない、という方は、もしかしたらメラトニンが分泌されず「交感神経」が働いたままになっているかもしれません。

メラトニンを作り出す為には

それでは、このメラトニンを脳内で分泌させる為には、どのような事が必要なのでしょうか。
実は、メラトニンは「セロトニン」という前駆物質から合成されるホルモンです。
前駆物質とは、それを作り出す為に必要な物質の事です。
極端に言えば、セロトニンが無ければ、メラトニンが作られないという事なのです。

セロトニンは、メラトニンとは逆に、朝起きると共に脳の中で分泌され始める物質です。
メラトニンは夜、セロトニンは朝、、ある意味対をなす物質とも言えるかもしれません。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、脳を覚醒に導く物質としても注目されている物質です。朝からすっきりと目覚め、活発な気持ちで過ごす為には、セロトニンが必要不可欠です。

うつ病などの、心の病に悩む方の脳では、セロトニンが不足している、という事は、有名な話でもあります。

メラトニンを増やす為の、セロトニン

このように考えると、メラトニンを増やす為には、セロトニンが必要不可欠だと言う事がよく分かります。
朝からすっきりと目覚め、セロトニンが分泌されることで、夜になると自然にメラトニンが合成され、穏やかに眠ることができます。

逆に、お昼頃まで布団の中にいると、セロトニンが作り出されずに、自律神経のバランスさえも崩してしまうことになります。

不眠だけでなく、うつ病や様々な身体の不調を引き起こす事が考えられます。
セロトニンとメラトニンのバランスを保つことが、健全な睡眠、健康な生活を送る上でも、とても大切な事なのです。

最近では、効率的にセロトニンを分泌し、睡眠ホルモンであるメラトニンを増やす為の、サプリメントも販売されています。
こうしたサプリメントは、セロトニンを作り出す為の必須アミノ酸、トリプトファンが多く含まれており、不眠の解消だけでなく、不安やイライラなどのストレス解消にも効果があるとされています。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く