目覚めの悪い人が、朝からすっきりするとっておきの方法

朝起きても目覚めが悪く、なかなか体がスッキリしない。午前中の仕事の効率も悪い…とお悩みの方、いらっしゃいませんか?

実は私も寝起きが悪く、朝が苦手です。
午前中はボーっとして、どうしても気分が乗らず、仕事もダラダラ…。

そんな時、とっておきの方法をある人に教えてもらい、今は毎日実行しています。
もったいぶらずにお教えしますね。

朝から体も心もシャキッっとする、温冷浴

それは、熱いお湯と冷たい水を交互に浴びる『交互温冷浴』です。
朝になってもなかなか目覚めないという人は、実は自律神経の切り替えが苦手です。自立神経には、活動するための「交感神経」と、休養するための「副交感神経」があります。

寝ている時間は副交感神経が優位になり、目覚める時は交感神経が働くのです。
ですので、目が覚めても頭がぼーっとしている時は、まだ完全に交感神経に切り替わっていない状態です。

そんな時、温度差のあるシャワーで体に刺激を与えることで交感神経が優位になり、眠っていた脳と体がすっきり目覚めます。

交互温冷浴

方法は、至極シンプルで簡単です!

まず、朝起きたらすぐにシャワーに直行します。

  1. 43〜45度ぐらいの熱いシャワーを10秒。
  2. その後に19度くらいの冷たいシャワーを10秒。
  3. これを、交互に5〜6回くり返して下さい

浴槽に熱い湯を張っておき、「入浴」と「冷水のシャワーを浴びる」を繰り返し行なっても構いません。

実は、ダイエットにも有効な方法

その際、褐色脂肪細胞(エネルギーを消費して体温を維持するなどの働きを持つ)が集まっている、うなじ肩甲骨の間両脇の下を集中的にシャワーすると、ダイエット効果も期待できます

最後は冷たいシャワーで仕上げると、体の熱が発散しにくくなり、冷え性の改善にもなります。
冷たいシャワーを浴びるのが苦手な人や、心臓が弱い人は数秒間でも構いませんし、それも無理なようでしたら、ぬるめのお湯をかけてもいいです。

朝からスッキリ、効率的な時間の活用に

朝の忙しい時間にシャワーを浴びる時間なんて、もったいない。そう思う方もいるでしょう。
しかし、自律神経がうまく切り替えられず、頭が冴えないダラダラと無駄になっている時間に比べれば、むしろ効率良く時間が使えるのではないでしょうか。

この方法を毎日続けてみると、私の場合以前より体調が良くなっている気がします。体がシャキッと目覚め、仕事の効率もアップしています。
朝ご飯を食べる気になれないと思っていた人も、朝食が美味しく感じるかもしれません。

だまされたと思って、まずは3日間続けてみてください。心地よい朝を迎え、充実した1日が待っていますよ。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く