無気力で苦しい、、原因は軽度のうつ病?

無気力に苦しむ若い人たちが増えている、、と、ある新聞のコラム欄に書かれていました。

無気力に苦しむ、とは言う物の、現実には無気力である事自体に危機感を抱かず、自分で治そうとも考えない方も増えているそうです。

私自身、学生の頃から、社会人になっても「無気力」の症状に苦しんだ経験があるので、気持ちは理解出来る方だと勝手に思っています。

無気力の症状には、いくつかのタイプがあるそうですが、中でも多いのが、軽度のうつ病だそうです。
無気力

無気力に苦しむ若い人が増えている

近年、軽度のうつ病の患者さんが急増しているそうです。重度のうつ病患者さんは、一定のままで、大幅な増加が見られないそうです。。
原因ははっきりとは分かって居ないそうですが、社会的に「うつ病」の認知が広まったため、「もしかして、自分はうつ病?」と考え、病院へ行く患者さんが増えた事が、その一因と考えられているそうです。
※自分もそうだったので、気持ちは良く分かります。

以下は、そうした「軽度のうつ病」の特徴です。

  • 社会的には、良く適応できていた方が、突然発症する。
  • 憂うつな気分、不安、何事にもやる気が出ない、などの症状が複合して現れる。
  • 短くとも、1〜2ヶ月ほど上記のような症状が持続する。
  • ストレスが原因で発症することが多いが、そうでなくても発症する。
  • 抗うつ剤などの、薬による治療がよく効く。

※重度のうつ病患者さんの場合、投薬治療がすぐに聞かない事が多いそうです。

こうしたうつ症状は、遺伝的な原因が、割合多いのではないかと思われがちです。
しかし、必ずしも遺伝が全ての原因ではなく、どのような方でも、突然「ひとりでに起こる」のが特徴だそうです。

これまで通りの日常を普通に送っているのに、突然病気が発症する、という事です。
こうした、軽度のうつ病による「無気力」な症状が、近年急激に増えているそうです。。

学生の無気力

中高年や、社会人だけではなく、若い学生にも、軽度のうつ病による「無気力」が増えてきているそうです。
中学生や高校生の不登校、大学生の引きこもりの中にも、軽症のうつ病が多く存在していると考えられています。

最近では、気軽に通えるメンタルクリニックも、比較的多く開院しています。

  • 無気力や憂うつ感で、普段の生活にも支障をきたすようになった。
  • 長期間に渡ってこうした症状が続いている。

という場合は、メンタルクリニック、精神科などに通院してみる事をおすすめします。

軽度のうつ症状の場合、お薬を処方される事ですぐに完治する例が多く見られているそうです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く