長生きの秘訣は、良質な睡眠にあり

日本は世界屈指の長寿国です。
厚生労働省の調査により、2013年の平均寿命は、男性が80.21歳女性は86.61歳と発表されました。男性は初めて80歳を超え、女性は2年連続で世界一です。

「眠ること」は、究極の若返りの秘訣とも言われています。
誰もが毎日当たり前に行なっている「眠る」という行為。たとえ数日間徹夜することがあったとしても、どこかで睡眠を取らなければ死んでしまいます。
適正な睡眠を取っているか否かで、体の状態は大きく変化します。

健康で長生きして、いつまでも若々しくいたい!と思うのなら、適正な睡眠を取ることが、とても大切なのです。

適正な睡眠

健康的に長生きできる

先にも述べましたが、日本は世界的に見ても珍しい長寿の国です。
様々な国で寿命に関する大規模な調査が行なわれていますが、適正な睡眠を取っている人のほうが、そうでない人よりも寿命が長いことは明らかになっています。

 日本人の平均睡眠時間

他に、脳年齢、生活習慣病のリスクにも大きな差が表れているのです。
つまり、適正な睡眠を取っていれば 、単純に寿命が延びるだけではなく、脳が若々しく維持でき、病気も少ない状態で「健康寿命が延びる」というわけです。

人間、最期は誰しも苦しまずにコロリとあの世へ行きたいと思うものです。

年をとっても寝たきりにならず、自分の足で歩き、自分のことは自分でやり、元気いっぱい自分の好きなことをして過ごしたいですよね。そしてコロリと天国へ行きたいものです。
こうした最期を表す「ピンピンコロリ」という言葉があります。
そんな人生を送りたいと思っているなら、適正な睡眠をとるように改善していくべきでしょう。

短くても長くてもダメ。適正睡眠は7時間

では、先ほどから何度も出てくる「適正な睡眠」とはどんな睡眠なのでしょうか。
理想の睡眠時間とは、どのくらいかご存知ですか?
各国で睡眠時間と様々な項目の関連性について研究や調査が行なわれていますが、その多くが「7〜8時間程度」の睡眠が最もよい結果を出しているそうです。

日本でも、11万人を10年間追跡する大規模な調査が行なわれました。
その結果、10年後の死亡率が一番低かったのは、平均睡眠時間が7時間の人、という結果が出ています。

睡眠時間が短くなればなるほど、死亡リスクは高まっていきます。
この結果は、特に女性のほうが顕著です。死亡リスクを睡眠時間別にまとめた結果、4時間未満の睡眠の人は、7時間睡眠の人と比べると、女性の死亡リスクは、なんと約2倍にもなりました。
とはいえ、男性でも6時間睡眠や5時間睡眠の人は、7時間睡眠の人よりも死亡リスクが高まります。

また、睡眠時間を長く取れば取るほど良いわけではないことも分かっています。
10時間睡眠になると、4時間未満の短時間睡眠の人よりも、実は死亡率が上がってくるのです。
要因は今のところはっきりは分かっていませんが、長い睡眠では眠りが浅くなり、質が低下する傾向にあります。

しかし、長い睡眠自体が影響しているかと言われれば、それも疑問が残ります。
もしかすると、気付かないうちになんらかの病気にかかっており、それが睡眠時間を長くしてだけかもしれません。
少なくとも8時間以上寝ないと疲れが取れないし、起きるのも辛い…という状態はあまり健康とはいえません。
一度、睡眠時間を計って、朝起きてから1日の体の様子を確認してみると良いでしょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く