寝不足で気分が悪い – 眠気がとれない時の対処法

睡眠がどれほど大切なことなのかは理解していたとしても、仕事や色々な都合でどうしても満足な睡眠をとることができないという場合もあります。

睡眠不足がどれほど身体にとって良くないかは、これまでにも沢山述べてきました。

睡眠不足の夜が数日続いただけでも身体に悪い。
ある研究では、3日間連続で睡眠時間が5時間以下であった人に頭痛、胃の不調、関節の痛みなど、身体に不調が表れやすくなることが明らかになった。

出展:「今すぐできる!最高の快眠が得られる方法」
ローレンス・J・エフスタイン,スティーヴン・マードン著

例えば、寝不足で起きた次の日は、朝からすごく気分が悪い。頭がぼーっとして、ひどい時は頭痛や吐き気がするという場合はありませんか?

横になる女性

寝不足で気分が悪いのは「危険信号」?

睡眠時間が足りなかったり、不規則な睡眠時間をとっていると、脳には様々な不調が現れます。例えば、最も分かりやすいのが自律神経系の不調です。
あなたも、一度くらいは「自律神経失調症」という言葉を、耳にしたことがあると思います。

身体の様々な器官に指令を送り、正常な状態を維持しているのが自律神経です。
体温や心拍、呼吸や皮膚の収縮など、普段は私たちが意識していなくても、自律神経は身体の状態を整えるために機能しています。

睡眠は、自律神経の調節を促すための重要な要素のひとつです。
若かった頃は多少の無茶ができていたとしても、体内時計を調節するホルモン「メラトニン」の分泌が促され、自然と24時間のリズムを維持できていたかもしれません。

しかし、年齢を重ねるとこのホルモンの分泌量は徐々に減っていきます。

メラトニン_分泌量

その結果、「多少の無理」のつもりが、次の日の体調を大幅に狂わせてしまいます。回復するまでに多大な時間を費やしてしまうことになるのです。

具体的には、徹夜睡眠不足不規則な睡眠時間休日の寝すぎなどです。

体内時計が狂うことの弊害

私たち人間は、正常な体内時計のリズムによって、神経(精神)を正常に保っているのです。それによって、自律神経は健康を維持してくれます。
体内時計が乱れれば、自律神経は狂い、最初に書いたような気分の悪さ、頭痛、吐き気などを引き起こしてしまいます。

「たった1日くらい」などと考えてはいけません。

  • 「日曜日くらい、お昼まで眠ろう」
  • 「今日は夜中までテレビを観ることにしよう」
  • 「1日くらい徹夜してもいいだろう」

修行僧のように、徹底して規則正しい生活を保ちましょう、などと言うつもりはありません。
しかし、規則正しい生活や充分な睡眠は、毎日の生活に「確かな幸せ」をもたらしてくれます。やりたいことに思いっきり取り組むことができ、仕事も充実して、精神的にも健全で居られるのです。

あなたにもできる改善方法

すでに、「不健康な睡眠生活」を送っているのだとしたら、今すぐこれをやめることです。
あなたにできることは、毎日(1日も欠かさず)早く寝て早く起きること。そのために日中は簡単な運動に取り組むことです。

たったそれだけで日中の眠気や精神状態が変わるのです。信じられないと思うかもしれませんが、私自身が実践して強く感じたことです。
睡眠を変えれば、あなたが考えている以上に健康でいられます。実践して、自身で感じてみてください。

睡眠の習慣を改善する、おすすめのサプリメントは?

2015年9月13日 寝不足で気分が悪い – 眠気がとれない時の対処法 はコメントを受け付けていません。 不眠症の改善

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く