ネガティブ思考は克服できる!

どれだけ意識しても、1度ネガティブな考えが頭の中を支配してしまうと、なかなか消えてくれる事はありません。

日本人は欧米人に比べてネガティブな思考の人が多いという事実を知っていましたか?これは、ある遺伝子の研究に基づいた確かな事実です。

ネガティブ思考

ネガティブ思考は遺伝で決まる?

不安や怒り、恐怖。
ネガティブな思考を作り出すのが、こういった感情だと言う事に、異論はないと思います。
「普通は楽しいはずの日曜日なのに、気がついたら明日の仕事の心配をしていた。」これではせっかくの休日も台無しです。

ポジティブな思考の人なら、休日に仕事の事なんで考えないはずです。では、ネガティブに考える人は何が違うのでしょう?

実は、私たちの頭の中で恐怖や不安といった、ネガティブな感情を抑制してくれる働きをするのが、脳の中にある、セロトニン神経です。セロトニン神経から分泌される脳内物質、セロトニンは、恐怖感や不安(つまりネガティブ)を作り出す、ノルアドレナリン神経の興奮を抑制する働きがあります。

ネガティブな感情は、まさにセロトニン神経の働きに掛かっていると考えられます。
しかし、残念ながら日本人は、遺伝的にセロトニンの働きが完璧とは言えないようです。

アメリカのクラウス-ピーター・レッシュ氏らが報告した遺伝子と神経質の関連によると、セロトニンに関係する遺伝子は、情報の文字数が多い「L遺伝子」と短い「S遺伝子」の2つのタイプがあり、S遺伝子をもつ人はもたない人より神経質な傾向が強いといいます。
日本の研究グループで日本人を対象にS遺伝子を調べたところ、日本人173人中170人の98%の人がS遺伝子をもち、別のデータでは、アメリカ人がS遺伝子をもつ人は68%だという結果が。
アメリカ人に比べ、日本人が「神経質で慎重かつ不安や心配を抱きやすい」人種であるということは、平和を重んじる反面、精神的な悩みが多く、未来を予測する占いなどに依存する傾向があることからもわかります。

出展:exiteニュース

不安や恐怖感を抑制する、脳内神経伝達物質。セロトニン
このセロトニンを、脳内で伝達させるのが、セロトニントランスポーターという遺伝子です。上記のニュースで指摘されているのは、日本人は遺伝上、セロトニンを伝達する量が少ない人が多いという事。それが「S遺伝子」と呼ばれる遺伝子を持つ人です。

ネガティブ思考は克服できる

では、遺伝ならネガティブ思考は諦めるしかないのでしょうか?

そんな事はありません!セロトニンに関する様々な書籍を読んでみると、ネガティブ思考を決定づけるのに、遺伝的な要素はあくまで一部です。本人の努力次第で、ネガティブな思考は克服できるそうです。

例えば、脳内のセロトニンは、本人の努力次第で増やす事もできるからです。
例えば、継続的な運動や朝の光を浴びる事なども、セロトニン神経を活性化させ、セロトニンを増やす為に効果のある事です。

もしかしてセロトニン不足?な人

セロトニンは、不安やイライラを抑制するための、重要な神経伝達物質です。
もしかして、不安や緊張感、イライラが過剰な人は、セロトニン不足が原因かもしれません。

セロトニン神経は、運動不足や長期的なストレスにより弱ってしまい、セロトニンの分泌が減ってしまうそうです。
その兆候の1つが、不眠症や朝の目覚めの悪さ。

もしかしてセロトニン不足?と感じた方は、不規則な生活習慣や、運動不足に普段から気をつけるようにしましょう。
最近では効率的にセロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。管理人のおすすめ3商品を、以下にまとめています。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く