眠たくならないのはなぜ?夜が怖い時の対処法

不眠症というと、高齢者の方に多い症状と思われる方も多いかもしれません。実際に、年齢が増えると共に、睡眠に必要な機能は徐々に失われていきます。

例えば、眠気を促すと言われる睡眠ホルモン、メラトニンは、高齢になるに従って徐々に分泌量が減っていきます。
年をとるにつれて、睡眠時間が減ったり、就寝中に目が覚めてしまうことは、ある面では仕方のないことと言えます。

しかし、こうした事象とは別に、若い人でも睡眠時間が少なくなるという症状が増えているそうです。

夜が怖い_眠くならない

眠たくならない.. 夜が怖い時の対処法

眠ろうとすると、漠然とした不安や眠れないことに対する恐怖感から、なかなか寝付くことができないという症状が増えているそうです。
このような症状は、うつ病や不安神経症など、精神的な疾患から生じる不眠の症状も存在しますが、そうでない場合も多くあります。

うつ病などの精神的な症状に伴う不眠症の場合、夜眠れないだけでなく、朝や昼もなかなか眠れないという症状が特徴的です。このような場合、自力で治そうと思っても難しいのが現実です。
うつ病の治療と不眠症の治療を、医師の指示の基で行っていかなければいけません。

ただし、うつ病などの精神的な症状ではなくとも、夜が怖くて眠れないという症状も存在しています。それが、精神生理性不眠と呼ばれる症状です。

夜がくるのが怖い、眠たくならない症状

一時的な不眠の症状の後、不眠の原因が取り除かれたにも関わらず、不眠が慢性化し、毎日のように眠れなくなってしまう症状があります。

  • 「今日も眠れないかもしれない」
  • 「明日も早く起きなければいけないのに..」
  • 「眠らないと、明日の仕事に悪影響がでる」

最初の不眠の症状が引き金となり、このような意識が働くことで、不眠の症状を悪化させてしまうのです。
時には、不安を払拭する為にアルコールに依存する場合も見られます。

このように、眠ろうとする意識が強く働くことが原因で、眠れなくなってしまう症状のことを、精神生理性不眠症と呼びます。精神生理性不眠症は、主に寝つきの悪さを助長します。
身体と脳が極度に緊張し、興奮してしまう為に、眠りが浅くなったり早朝に目が覚めてしまうこともあります。

精神生理性不眠症を改善するためには、眠れないこと自体を気にしないことが一番効果的です。
もちろん、精神生理性不眠症により、日中の生活が辛くなるようなことが長く続く場合は、病院を受診することが大切です。

通常、このような場合は超短時間型の睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらい、「眠れる」という意識付けを行いながら、睡眠に対する不安を取り除いていくことが治療法が有効です。

精神生理性不眠が長く続くと、寝つきの悪さが固定化してしまいます。
心当たりのある方は早めに対処するようにしましょう。

怖くて眠れない時の対処法

精神生理性不眠の対処法として、一番大切なことは、眠れないこと自体を気にしすぎないことです。対策としては、睡眠時にリラックスするという事に尽きます。

そのために、寝室の環境を普段とは変えてみることもおすすめです。
眠れないことに対して不安を抱いている人は、寝室に入るだけで緊張感を感じる場合があります。
寝室や寝具をリラックスできるものに変えることで、寝室=眠れないという意識付けを変え、寝ることへの緊張感を和らげることができるかもしれません。

また、軽い運動は精神生理性不眠症の症状改善には有効です。
適度な運動はストレスを軽減させ、睡眠物質の分泌を促します。

恐怖を取り除く脳内物質

また、脳内物質であるセロトニンの分泌は、不安や恐怖感の抑制に効果的です。
セロトニンは、神経伝達物質と呼ばれるもので、極度の不安や緊張を適度に抑えてくれるのです。
このため、うつ病や不安神経症の改善にも効果があるとされています。

また、セロトニンは、睡眠を促すための成分である、メラトニンを作り出す原料となります。メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれている物質です。
夜の時間帯にこの物質が分泌されることによって、眠くなるだけでなく、睡眠のリズムが正常に保たれるようになるのです。

不眠サプリは効果がある?

セロトニンを増やし、メラトニンの分泌を増加させるための有効な方法は、朝から太陽の光をしっかり浴びることです。
朝から太陽の光を浴びることで、脳の神経系が刺激され、自然とセロトニンが作り出されるようになります。
また、最近ではこのセロトニンを増やすためのサプリメントも販売されています。

 セロトニンを増やす!不眠サプリの人気ランキング

セロトニンを作り出す材料となるのが、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸です。トリプトファンを含む不眠サプリメントは、不眠の解消やストレスの解消にはおすすめできるものです。

ただし、サプリはあくまでも補助的な役割として考えるることが大切です。
眠りの質を高く保つためには、普段から朝日をしっかり浴び、運動を心がけるようにしましょう。


2014年11月3日 眠たくならないのはなぜ?夜が怖い時の対処法 はコメントを受け付けていません。 不安で眠れない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く