これでぐっすり!眠くなる効果の「サプリメントの成分」まとめ

睡眠サプリメントと言うと、個人的には脳内物質である「セロトニン」を増やす為のサプリメントを探してしまいます。
セロトニンが、睡眠ホルモンである「メラトニン」の前駆体となるからです。しかし、「眠くなる成分」という点で探してみると、セロトニン以外にも快眠を得る効果が期待できる成分は多く存在します。

眠くなる成分_サプリ
そこで、以下に快眠を得られる効果のある成分をまとめてみました。
一概に「快眠効果」と言っても、それぞれ異なった特徴があるので、自分の不眠の症状に合った成分を選ぶ事が大切です。

眠れる効果のある成分

グリシン
必須アミノ酸のひとつです。グリシンの効果を測定する実験では、グリシンを摂取することによって、普段より眠りにつくまでの時間が早くなったという結果が報告されています。
グリシンには、血管を広げ血流を手足に効率良く流す効果があるとされています。この事で、深部体温を下げ眠気を引き起すと考えられているのです。
人間は、眠りにつく時に身体の中にある体温を下げなければ、スムーズに寝付く事ができません。これが、深部体温の特性です。
寝つきが悪という方は、グリシンのサプリメントを活用してみては如何でしょうか。

メラトニン
欧米ではメジャーな成分であるメラトニン。アンチエイジングの分野などでも期待されています。
メラトニンとは、「睡眠ホルモン」と呼ばれるホルモン物質です。自律神経に作用する事で、身体の様々な器官(脈拍や呼吸、体温など)を、睡眠に最適な状態に整えてくれます。
本来は夜になると体内で自然に作り出され、分泌が始まるメラトニン。しかし、歳と共に分泌濃度が著しく減少するという事が分かっています。
歳を重ねる毎に寝つきが悪くなっているという方は、メラトニンを補うように意識すると良いでしょう。
メラトニンは、セロトニンを前駆体として作り出される物質です。

テアニン
お茶に含まれているとされるテアニン。聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。
テアニンには、緊張を解きほぐし、リラックスさせることで眠りを促す効果が実証されています。睡眠専門医も推奨していた成分です。
ただし、テアニンが含まれているとは言え、夜寝る前にお茶を飲む事はおすすめできません。もちろん、カフェインが含まれているからです。
気になる方は、最近では、テアニンだけを抽出したサプリメントが販売されているので、試してみると良いでしょう。

GABA(ギャバ)
集中力やストレスを解消させる役割があるとされ、近年注目を集めているGABAですが、快眠にも効果がある事が認められています。
精神の高ぶりを抑えるGABAが足りないと、不眠を引き起すことも分かってきています。仕事や、日中のストレスによって神経が高ぶって眠れない時には特におすすめです。

この他にも、ビタミンB1,B6,B12などは、脳の神経伝達をスムーズにする効果があり、不眠症の改善には書かせない、基本的な栄養素です。
睡眠ホルモンである「メラトニン」も、ビタミンB12が作用する事で、正常に分泌される事が分かっています。
ビタミン不足は不眠の大敵、という事を意識して、普段からバランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

普段の食生活で不眠対策を

上記に挙げた睡眠成分は、普段からバランスの良い食生活を心掛けていれば、ある程度自然に体内に取り込まれるはずです。
ただし、過剰なストレスや不規則な生活を続けていると、正常に機能する事が難しくなってしまいます。

普段から規則正しい生活や、ストレスの解消を心掛け、栄養のバランスをしっかり意識した食生活を心掛けましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く