眠れないかも、、緊張して眠れない!精神生理性不眠

子供の頃は、次の日に楽しみな事があるとわくわくして、緊張して眠れなくなるという事がよくあったのではないでしょうか。

例えば、遠足や運動会、修学旅行などです。
大人になっても緊張して眠れない症状に悩む方は時々いるようです。

子供の頃のように、楽しみな気持ちで眠れないのなら良いのですが、大人になって増えるのが、その真逆。
つまり、不安な気持ち、心配な事が増え、緊張して眠れないという事です。

不安や緊張が身体に影響を及ぼし、眠れなくなる事を「精神生理性不眠」と言います。
セロトニン欠乏脳_うつ病

眠れないかも、緊張して眠れない精神生理性不眠

会社で一時的に大きなプロジェクトを任されたので。とか、明日のプレゼンが心配で、、

といったように、一時的な緊張で終わるものならば、ほとんど心配は要りません。
問題は、こうした一時的な不眠がきっかけで引き起こされる、長期間に及ぶ、精神生理性不眠の症状です。

精神生理性不眠が長期間に及ぶ、よくある例として、仕事等が原因で一時的に眠れなかった時の事を思い出し「今日も眠れないのではないか、、」と、眠れない事が不安で眠れなくなる症状です。

実は、この症状は社会人の方の不眠症の中でもとても多いと言われています。
眠れなかった事が原因で、次の日遅刻したらどうしよう。眠らないと昼間に満足な仕事ができないのでは。。

社会人の方にとっては、眠れないという事は仕事に影響が出るので、とても大きな問題になります。

長期化する前に、治療する方法

眠れない事自体が不安になってしまい、緊張して眠れない。。
この症状に1度かかってしまうと、不眠の症状はどんどん酷くなっていく一方です。

昨日も眠れなかった、やっぱり今日も眠れないのでは、、

そんな風に、睡眠に対する抵抗がどんどん激しくなっていきます。
改善方法として、あえて自宅以外の場所で眠ってみるというのも1つの方法です。
場所を変えると、それまで意識の中で固定化されていた「眠れない」という不安がなくなることがあります。

旅行でも良いですし、友人の家でも良いです。全く違う場所で眠れないか、試してみると良いでしょう。

それでも眠れない症状が続くなら、睡眠薬に頼ってみる事も大切です。
睡眠薬に対して、抵抗がある方も多いでしょうが、こうした軽い症状の不眠症なら、睡眠薬(睡眠導入剤)も、短時間しか効果のない、軽い物で済みます。

避けた方が良いのは、アルコールに頼って眠る事です。

一見、睡眠薬よりも問題なさそうに思われそうですが、アルコールは睡眠の質を阻害するので注意が必要です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く