眠いはずなのに、眠れない – 危険な悪循環とは?

「眠いのに眠れない」。このような状態は、とてもつらいですよね。
そして、「眠らなくては」と無意識のうちに考えてしまうので、さらに眠れなくなるという悪循環にも陥ります。

眠れない原因としては、様々なことが挙げられます。大きなストレスがかかり、精神的に辛くなっている時、生活習慣に乱れがあるために不眠が生じている場合に関しては、不眠以外の病気にも繋がります。

眠れない

精神的に大きなストレスがかかった場合

仕事はもちろん、家庭生活などでもストレスはかかります。また、何かしらの出来事があり、それが大きなストレスになることもあります。
近年の研究では、不眠の人は考え方がネガティブ傾向になりやすく、生じているストレスからさらにまたストレスが引き起こされてしまうといった結果が出ています。

そして、不眠により「今日も眠れないのでは」といった精神的なプレッシャーもかかります。そのため、不眠が続くとともに、精神的なストレスも大きくなり、うつ病などの病気に繋がってしまうのです。

生活リズムの乱れとの関係

今の日本では、夜も明るいところが多いです。パソコンやスマホも寝る前まで使うようになりました。他にも、24時間交代勤務の仕事が増え、不規則なシフトで勤務している人も多いと思います。

人間の身体には、約24時間周期の体内時計が存在しています。朝目覚めて夜眠くなるというサイクルを、規則正しく刻んでいます。
生活リズムが乱れてしまうと、体内時計が刻む一定のリズムと合わなくなり、不一致が生じます。この状態になると、眠れないといった不眠に繋がるのです。

もし眠れなくなってしまったら

もしも眠れなくなってしまったら、まずは生活習慣の見直しをしてみましょう。眠れなかったからと言って、起きる時間を遅くしてはリズムが乱れるばかりです。
起床時間は一定にしましょう。また、適度な運動が効果的です。就寝時の室内の温度や湿度、寝具にもこだわってみましょう。そして、ぬるめのお風呂にゆっくりつかり、リラックスしましょう。

寝る前のお風呂

他にも、食事にも気を付ける必要があります。セロトニンと呼ばれる脳内神経伝達物質とホルモンが、睡眠や生体リズムに関係しています。
このセロトニンという成分は、食事から摂る栄養素に含まれています。精神安定の作用もあるので、不足してしまうと不眠や生体リズムの乱れに繋がるのです。

生活習慣の見直しや食事など自分でやってみても変わらない、不眠でつらいと思った場合は、専門の病院を受診するようにしましょう。
本来は睡眠を専門に扱う病院が良いですが、それが難しい場合は、神経科、心療内科が良いでしょう。安心して信頼できる、なるべく親身になって相談に乗ってくれる医師と出会うことは、重要なことです。

2016年1月21日 眠いはずなのに、眠れない – 危険な悪循環とは? はコメントを受け付けていません。 不眠症の改善

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く