夜眠れない・朝起きれないのは、うつ病の兆し..?

うつ病は、気分の落ち込みや憂うつ感といった精神症状だけでなく、身体面の症状が現れるのが特徴です。

仮面うつ」という言葉を聞いた事があるかもしれまえせん。

仮面うつ、プチうつといった症状の場合、むしろ、精神的な症状よりも、身体的な症状の方が先に出てくる事が多いようです。
中でも、うつ病患者さんが、ほとんど「必ず」といって良い程苦しむのが、睡眠障害です。睡眠障害とは、簡単に言えば、「眠れない症状」や、「朝起きれない症状」を指します。

眠れない、起きれない

眠れない症状は、うつ病が原因?

夜眠れない症状でも、具体的に言えば、いくつかの症状に分けられます。

  • 布団に入ってもなかなか眠れない「入眠障害」。
  • 眠りが浅くて何度も目を覚ましてしまう「塾眠障害」。
  • 夜中、又は早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」。

目が覚めた時には憂うつ感が強く、後悔の気持ちや、自責の念、将来への不安などの想いに駆られるのも、うつ病特有の症状です。また、以下のような症状にも当てはまるなら、さらに注意が必要です。

  • 不安な気持ちが強く、なかなか眠れない。
  • 目覚めが悪く、疲労感でなかなか起床出来ない。
  • 朝から何もする気が起きない。何もしたくない、と強く感じる。

ただ眠れないだけでなく、こうした症状を感じるのなら、軽度、重度に関わらず、うつ病を併発している可能性は充分に考えられます。

うつ病が原因の身体症状

うつ病というと、精神的な症状ばかりが考えられがちです。
しかし、特に軽度のうつ病の場合、不眠や、全身の倦怠感。頭痛やめまい、関節痛や胃痛、腹部や胸部の違和感など、原因の分からない症状に苦しむ事がよくあります。

一般的な内科やクリニックでさえ、こうした症状を見分けられない事も多く、検査をしても何も異常が見つからない。原因が分からない、という事が多くあるようです。
こうした症状こそ「隠れうつ」と呼ばれる症状です。

長く続く症状は、なるべく病院で診てもらう

眠れない、朝起きれない。
原因の分からない不眠や不安の症状は、もしかしたら軽度のうつ病の可能性も考えられるかもしれません。

症状が短期間ではなく、長く続くようなら、なるべく心療内科を受診し、症状を詳しく話すようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く