眠れていないのは気のせい?睡眠状態誤認の症状

しっかり眠れているのに、自分は「眠れていない」と思い込んで、病院を受診する方が沢山いるそうです。そんな症状が本当にあるのか、疑問に思うかもしれません。
しかし、実際にはしっかりと睡眠時間をとれていても、自分は不眠症だと思い込んでいる方が、事実沢山居るのです。

睡眠は、例え8時間眠れていたとしても、本人が眠れていないと感じれば「眠れていない」という事になります。
逆を言えば、睡眠時間が4時間程しか取れていない方でも、本人がその睡眠時間に満足していれば、何ら「問題なし」という事になります。

世の中には、4時間程の睡眠で満足して居る方も沢山います。
睡眠時間

睡眠状態誤認が原因の場合も

ところで、しっかり眠れているにも関わらず、眠れなくて不安、心配だと感じる人達の事は「睡眠状態誤認」という症状で呼ばれています。

この睡眠状態誤認の原因は様々ですが、本人の性格も症状の1つの原因になっていると考えられています。
実験によると、性格的に、不安傾向の強い人ほど、実際に眠った時間よりも短い時間しか眠れていないと感じる事が分かっています。

こうした症状の治療は難しく、場合によっては、不必要に睡眠薬を投与されてしまうこともあるそうです。

自分が眠れていない、と感じている方は、同年代の平均的な睡眠時間と比べ、どのくらい眠れていないのか。
また、眠れていない事で日常生活にどのような影響を与えているかを客観的に考えてみる事も大切です。

高齢になると、自然と睡眠時間も短くなってきます。性格的な問題では、不安な気持ちが、睡眠状態誤認を引き起こす場合もあります。

不安が原因で症状を引き起こしている場合には、根本的に不安の原因を取り除くのが、一番の改善策となるそうです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く