眠っても眠っても眠い時に気をつける病気!

眠っても眠っても、眠り足りない気がする..もっと眠りたい。
夜は普段通り、しっかり寝たはずなのに、次の日目が覚めると、朝から日中まで、眠くて仕方がない。

当然、仕事や授業に集中する事ができず、ミスをしたり周りにだらしないと思われてしまう。。

ちゃんと就寝時間を確保しているのに、日中に激しい眠気を感じる。一体原因はどこにあるのでしょうか?
眠っても眠っても眠い

若い人に増えている、眠り足りない症状

特に最近は、若い人を中心に、こうした症状を感じる方が増えているそうです。
眠っても眠っても眠い原因は、意外にも以下のような原因が考えられるそうです。

  • 長期的なストレス
  • 不規則な生活習慣(特に、運動不足)
  • 食生活の乱れ

朝から脳を覚醒させ、すっきりとした目覚め感を感じる為に必要な、脳内の神経伝達物質。「セロトニン」という物質を知っている方も多いと思います。
上記に挙げた3つの項目は、このセロトニンを分泌する神経、「セロトニン神経」を弱らせる事が分かっています。

セロトニンの分泌が減少し、脳内のセロトニン濃度が減ると、朝起きても自律神経が切り替わらず、脳や身体の器官が睡眠に適したままの状態になっています。

まるで身体や脳が就寝中のようにだるく、いつまで経っても眠くて仕方がないのはこの為だと考えられます。

セロトニン神経が弱ると起こる症状

気をつけないといけない事は、こうした生活を長く続けていると、セロトニン神経がどんどん弱体化していき、うつ病や不安神経症。パニック障害など、精神的な病を発症してしまうという点です。

うつ病やパニック障害などの原因には、脳内のセロトニン濃度の低下が考えられています。
実際に、精神科や心療内科では、うつ病やパニック障害の患者さんに、セロトニンを一時的に増やす為のお薬を処方します。

眠っても眠っても眠い原因

眠っても眠っても眠い原因は、いつまでもストレスを感じる環境や、不規則な生活を続けている事によって、セロトニン神経が弱っている事が原因かもしれません。

思い当たる方は、毎日の生活習慣を見直し、なるべく運動をする時間を増やす。
また、セロトニンを増やす為の必須アミノ酸「トリプトファン」などを積極的に食事に取り入れる事もおすすめします。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く