眠る前の飲酒は不眠症の原因!アルコール依存症の危険も

寝つきが悪いからお酒を飲む..

眠りに着く前の飲酒は、眠気を促し、丁度良い睡眠薬の代わりになると思っている方が多くいるようです。
しかし、実は眠る直前に行う飲酒は、睡眠の質を著しく悪化させます。
自分ではしっかり眠っているつもりでも、お酒を飲んで寝た次の日の朝は、身体がきつかったり頭がすっきりしない。なんだか寝足りない気がする。。

寝る前のお酒

寝る前の飲酒がなぜ悪い?

これらの原因は、アルコールが睡眠の質を悪化させ、浅い眠りのまま朝を迎えた結果とも言えるでしょう。寝酒がなぜ眠りの質を悪くするのか。睡眠に及ぼす悪影響を、いくつか書き出してみました。

  • アルコールは利尿作用が強く、夜中に尿意で何度も目が覚める。結果、睡眠を分断し、浅い眠りが続く。
  • 鼻の粘膜がアルコールで腫れて、気道が狭くなってしまう。息がしにくくなり、睡眠が浅くなる。
  • アルコールが舌の筋肉を麻痺させ、舌がのどに落ち込みやすく、頻繁にいびきをかくため、浅い眠りが続く。
  • 体内でアルコールが分解されない分が、毒性のあるアセルトセルデヒドが作り出されり、身体がだるくなる。目覚めの悪さの原因にもなる。

これらの事を読んで分かる通り、アルコールは結果的に睡眠を浅くします。
しかし、それでも眠る前の飲酒で寝つきがよくなるので、やめられないという人もいるでしょう。
確かに、アルコールは一時的に脳に麻酔をかけるようにして、眠気を誘います。
それでも、結局は浅い眠りで睡眠の質を落とし、日中の眠気や身体のだるさの原因となってしまいます。

寝酒がアルコール依存症の原因に

さらに問題なのが、私たちの身体は、アルコール自体に耐性を作り出すために、飲み続けていくうちに身体が慣れてしまうことです。
身体が慣れてしまえば、当然酔わなくなってしまいます。寝つきを良くする為に、アルコールの量はどんどん増えていきます。
お酒の量が増えていくことで、アルコール依存症になる危険性も高まっていきます。

飲んでも良い目安

眠る直前の寝酒はおすすめしませんが、眠りにつく3時間くらい前までの晩酌は、リラックスを促す為には良いでしょう。
だいたい、ビールなら中瓶1本程度、ワインならグラス2杯くらいまで。日本酒なら1合くらいのアルコールならば、均3時間くらいで、体内で分解できると考えられています。
節度を守ってバランスよく飲めば、睡眠にも良い影響を与えるという事です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く