日本人の平均睡眠時間 – 正しい睡眠時間が長生きの秘訣?

人間に最も合った睡眠時間は、一体何時間なのでしょうか?
米ジョウボーン社の調査によると、東京在住者の平均睡眠時間は、5時間46分と、世界の都市の中で最も短いという事が分かっているそうです。

こうした調査結果を見ると、日本人の睡眠時間が世界でもどれほど短いかが良く分かります。
では、健康の為に丁度良い睡眠時間とは、一体どのくらいの時間なのでしょうか。

睡眠時間

日本人の平均睡眠時間

以下は2005年時点での、NHKによる睡眠時間の調査結果です。
約2005年のデータですので、近年は更に睡眠時間が短くなっているかもしれません。

【日本の国民における、1人あたりの平均睡眠時間】

平 日:7時間22分
土曜日:7時間47分
日曜日:8時間14分

この結果を見て、あなたはどのように感じたでしょうか?
私の場合、土曜日の夜は睡眠時間がもっと延びてしまいます。良くないとは分かっていても、次の日が休みとなると、どうしても夜更かしをしてしまいます。

..実は、平均睡眠時間には、様々な研究結果が報告されています。
7時間の睡眠が良いという研究結果もあれば、もっと長い方が良いという報告もあります。
最近の研究結果によると、平均睡眠時間が8時間以上の人は、死亡率が高いという報告まであります。

個人差の大きい、睡眠時間

こうした研究結果の真偽の程は分かりませんが、睡眠時間は人によって大きな個人差があることは確かなことです。

短時間睡眠の有名人

例えば、かのナポレオンが短時間睡眠だったことは、とても有名な話です。一説によると、1日の睡眠時間は3時間程度だったと言われています。
短時間睡眠の有名人は、調べればいくらでも居ます。短時間睡眠の人の言い分は、「4時間以上眠ると身体が鈍る」「そんなに長く寝ていた方が疲れる」などなど..

とにかく短い時間寝た方が、体の調子が良いと言い張ります。

長時間睡眠の有名人

これとは逆に、漫画家の水木しげるさん(「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な)が昔から長時間睡眠であるという事も有名です。
本人のお話では、若い頃から平均睡眠時間は9〜10時間長い日は12時間も寝ているそうです。
水木しげるさんと言えば、92歳の今でも元気で、現役の漫画家として漫画を書き続ける、言わば長寿の見本のような存在です。

人に合った睡眠時間が、1番健康?

このように、短時間の睡眠でも元気に過ごす人もいれば、長時間寝なければ体調が優れないという人も居ます。
短時間睡眠で4時間、長時間で12時間とすると、その差は3倍、8時間にも及びます。しかし、不思議な事に、その睡眠時間が身体にしっくりくるという人にとっては、その睡眠時間が一番体調が良く感じるのです。

結果的に、様々な統計データはありますが、その人に合った睡眠時間が1番良いという事になるのではないでしょうか。

自分にあった睡眠時間は、どう調べる?

しかし、自分にあった睡眠時間が分からないから困っている、という人も中には居るでしょう。そういう方は、時間をかけてでも、自分に合った睡眠時間を調べていくことをお勧めします。

自分に合った時間を調べるというのは、毎日の睡眠時間を、記録していくという事です。枕元に、紙とペンを常に置いておき、以下のような内容で記録をとっていきます。

  • 就寝時間
  • 起床時間
  • その日の朝の気分
  • 日中の体調の善し悪し

記録していくと、何時間眠ると自分にとって1番体調が良いのかという事が、はっきりと分かるようになるはずです。
この時、布団に入っても、実際に寝付けなかった時間は記録しないようにしましょう。
また、布団に入ってから実際に眠りにつくまでの間に、あまりにも時間がかかるようであれば、あまり良い睡眠状態とは言えません。

普段の睡眠時間が長過ぎるのかもしれませんし、寝つきが悪い「入眠障害」の可能性もあります。
身体の調子が悪いと、まず寝不足の可能性を疑ってしまいそうですが、眠り過ぎも身体の調子を悪くするという事をしっかり認識しておきましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く