入眠障害を解消する – 睡眠の質はサプリで高める?

睡眠障害・不眠症、と一言で言っても、その症状は様々に分類されています。
中でも、一番多いと思われるのが、入眠障害です。

入眠障害とは、その名の通り、眠ろうと思って布団の中に入っても、なかなか眠れない症状の事を指しています。

入眠障害サプリメント

寝つきが悪いなら、睡眠の時間をずらしてみる

通常は、布団に入って10分〜15分程度の時間が経てば、自然と眠気が訪れ、気がついたら眠りに落ちているはずです。

布団に入って、30分以上も眠れないようであれば、入眠障害の可能性があります。
また、30分どころか数時間経っても眠れない、という場合は、睡眠の時間自体が間違っている可能性も強いです。
そもそも、布団に入ったまま数時間も眠らずに過ごすと言う事は、あまり良い事ではないのです。本来は、「布団に入る行為」と「睡眠」が、意識の中で強く関連付けられなければならないのです。

布団に入っても眠れないという意識ができてしまうと、入眠障害が慢性化してしまいます。布団に入っても数時間眠れないという人は、あえて布団入るまでの時間を数時間ずらし、眠くなったら布団に入る、というふうにしても良いでしょう。

睡眠の質をサプリメントで高める

病院に行くほど不眠の症状が酷い訳ではないけれども、もっと睡眠の質を高めたいという方は、サプリメントを使ってみる事もおすすめです。
最近は、若い人の間でも睡眠の質を高める事に、強い関心が集まっています。

特に人気のサプリは、睡眠ホルモンである、メラトニンを分泌させる為のサプリです。睡眠ホルモンは、セロトニンと呼ばれる、「神経伝達物質」を分泌させる事で、自然と体内で作り出されるホルモン物質です。
睡眠ホルモンであるメラトニンが増えると、自然な眠気を得る事ができるだけでなく、睡眠の質を向上する事ができ、自然と深い眠りを得やすくなります。
そうなると、朝の目覚めや日中の活動に良い影響を与えてくれます。
メラトニンを増やす為に、最近では、メラトニンを作りだす為の前駆物質、「セロトニン」を増やすサプリメントが人気です。
 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング
重度の入眠障害などの場合は、睡眠導入剤や睡眠薬を処方してもらう事で、比較的短期間で不眠を治療できるケースもあります。
不眠の症状は、慢性化すると治す事自体が難しくなってしまいますし、うつ病の原因にもなり得ます。

早めに改善できるよう、生活習慣を規則正しく保ち、症状が酷い場合は迷わず病院で治療を受けるようにしましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く