『起きなければいけない』は、起きれない原因?!

明日の朝は絶対に○時に起きなければいけない。
起きられなかったらどうしよう。。

起きなければいけないという気持ちが強いほど、逆に起きられなくなる事は、知っていましたか??
仕事や大切な予定で、起床時刻を強く意識しすぎると、そのこと自体が脅迫観念になってしまい、眠れなくなってしまいます。

結果的に、寝つきが悪くなったり、せっかく寝つけても何度も目が覚めてしまったり、朝早く目が覚めてしまったり、、
そんな経験は誰にでもあると思います。
眠りたい

起きれなかったらどうしよう、では眠れない!

せっかく早起きをするための習慣を作ろうとしても、その想いが強過ぎると、逆に挫折をしてしまいます。
仕事のプレッシャーが強過ぎても、早起きすること自体がストレスとなってしまい、うまく眠れなくなってしまいます。

結果として、次の日の仕事に悪い影響を与えてしまいます。そうなると、『明日もまた眠れなかったらどうしよう、、』という更なるプレッシャーが襲い、悪循環に陥ってしまいます。

早起きに大切な、楽しみや好奇心

早起きの習慣を維持したり、大切な日に早起きする為には、『楽しみ』や『リラックス』『好奇心』などの感情が重要です。

『明日起きたら、これが楽しみ、、』と、思える物があると、ストレスとは違った、心地よい動機づけになります。

例えば、朝の静かな時間の中で、1人ゆったりとコーヒータイムを楽しみたい。
いつもは読む事ができない小説を読みたい。

と言ったささやかな理由でも構いません。
朝のジョギングが目的で早起きしたいのなら、なるべく壮快に走る、楽しい姿を自身で強くイメージしながら『明日は朝から気持ちよく走ろう!』。
というふうに考えると良いでしょう。

楽しみな感情が強過ぎても、脳が興奮して寝つきが悪くなる事もあります。
眠りに着く1〜2時間前くらいからは、できるだけ考え事は避けて、穏やかでリラックスする事に集中しましょう。

パソコンを使う上での注意点

仕事などがあって、どうしても早起きしなければいけない場合は、メールのチェックやパソコンを開いて行う作業を、まとめて朝から行うようにしましょう。

寝る前にパソコンやスマートフォンの液晶画面を目に入れると、脳を覚醒させ、目が覚めてしまいます。
同様に、ネットサーフィンやパソコンを使ったゲームなども、夜中に作業する事は絶対に避け、朝行うようにしましょう。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く