音楽を聴きながら寝ると、睡眠の質は下がる?意外な事実は..

音楽を聴きながら眠ると、脳にはどんな影響があるのでしょうか。
インターネットなどで調べてみると、音楽を聴きながら眠りにつくと、脳が刺激を受け、睡眠の質が低くなるという意見が圧倒的のようです。

しかし、その一方で、単調で無意味な音は、眠りを誘う効果があるとされています。この効果を利用すれば、寝つきを良くし、短時間で深い睡眠を得る事ができるかもしれません。
睡眠の質_音楽

音楽を聴きながら眠る、影響は

周りの「環境」は、眠りの質に大きく影響するという事は、以前の記事にも書いた通りです。
ここで言う環境というのは、例えば室温や湿度、照明の明るさ、枕や布団の形など。いわうゆる外部環境の事を意味します。これらの、「当たり前の事」が快適さを保っていなければ、不快な感覚は睡眠中も持続し、不眠の要因になり得ます。

同様に、「騒音」は脳に刺激を与え、寝つきを悪くする大きな要因です。人の話し声や、車の騒音。足音や、家電製品が発する音など、、睡眠中はできる限り余計な音がないほうが良いのです。

意味の無い雑音が、寝つきを良くする

では、眠りにつく時に、ラジオや音楽を流すのはどうでしょう。現実に、こうした「音」があった方が寝つきが良くなるという人は沢山居ます。。

結論から書くと、朝までぐっすり眠る為には、布団に入ってから30分〜1時間後を目安に、タイマーで自動的に切れるようにしておくと良いでしょう。
低い音や静かな音、気にならないような単調な音は、リラックス効果があり、寝つきを良くするという事が分かっています。

特に、騒音などで余計な音が入ってきて気になる。寝つきが悪くなる。という方の場合、ほとんど気にならないような音楽や、ラジオなどの音で、騒音を気にならないようにしてしまうと効果的です。
この時、なるべく単調で、流していても気にならないような音楽や音源を使うのが理想的です。

最近では、リラクゼーション音源として、波の音(海の)や、川のせせらぎ音森の木の葉がざわめく音などが販売されています。
こうした音源も、無意味で単調ですが、リラクゼーション効果が非常に高く、個人的にも利用しています。

ちなみに、全く個人的な意見ですが、「波の音」が1番リラックスして眠れます。
その次が「森の木の葉がざわめく音」です。
3番目は「川のせせらぎ音」でした。

これには個人差があると思いますし、一口に「波の音」と言っても、色んな種類の物があり、自分に合った物を探すと良いと思います。
波の音_睡眠

 

意外と重要な「タイマー機能」

それから、上述したように、意外と重要なのは、タイマー機能(スリープ機能)です。寝付いた時間くらいに、自動的に音楽が止まるようにしておく事で、睡眠の質が一層良くなります。

どんなに単調で眠れる音でも、朝まで流し続ける事はおすすめできません。
耳から入る音によって、眠りが浅くなる可能性があるからです。理想は、寝付いたらすぐに音が止まるようにする事ですが、だいたい布団に入ってから30分〜1時間くらいでしょうか。

音楽や様々な音源を試してみて、自分に合った、一番眠れる音を探してみてください。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く