激しく気分が落ち込んだ時、明日から元気になれるコツ

何もかもうまくいっている人に限って、そうでない人の気持ちが分からない場合があります。
激しく落ち込んだ時に、藁にもすがる思いで相談すると、「考え方を変えてみろ」とか「もっと辛い人の事を想像してみろ」など、、

とにかく、とって付けたような(言葉は悪いですが)励ましの言葉で、ウンザリした経験は私だけではないと思います。

激しい落ち込み

その瞬間に物事がうまくいっている人にとっては、激しく落ち込んだ人の気持ちは、想像しにくいでしょう。それは仕方のない事です。

ただ、普段はどれだけ明るく振る舞っている人にだって、何かのきっかけで激しく落ち込む事は必ずあります。そんな時には、例え自分がうまくいっていても、優しくアドバイスしてあげたいものです。。

今回は私なりに、激しく落ち込んだ時に実践している、落ち込み度合いをこじらせないためのアドバイスを書いてみたいと思います。

次の日から元気になる為に

ちょっとした落ち込みがどんどん酷くなり、気がつくと頭の中でマイナスな思考がグルグルと回り始める。
こうなると、どんなに自分で止めようと頑張ってみても思考は止められません。そして、どんなに為になるアドバイスを聞いたところで、考えを止める事はできないでしょう。

思考をシャットダウンする

考える事を、止めること。
私が落ち込んだ時に心掛けている事です。頭で考えて止まらないのなら、いっその事強制的に止めてしまうのです。

思考を止める為には、こんなに単純で、効果的な方法があります。

とにかく眠る事。

自己嫌悪に陥った時、何もかも面倒で嫌になった時、何をしてもくたびれて仕方ない時、元気を取り戻す為には何をすべきだろう。
食事をして休んでからたっぷりと眠るのが一番だ。しかも、いつもよりずっと多くだ。
目覚めた時、新しい力がみなぎる別の自分になっているだろう。

出展:「超訳 ニーチェの言葉」 ニーチェ

あなたは、この考えに無理があると考えますか?
ちょっと別の視点から考えてみます。

落ち込みを抑制する神経に、働いてもらう

ストレスや不安、恐怖を抑制する働きをする神経「セロトニン神経」を知っていますか?うつ病やパニック障害の患者さんは、この神経が弱ってしまう事で、不安や恐怖感をうまく抑制出来ていないという事が分かっています。

セロトニン神経を弱らせてしまう大きな原因として考えられているのが、継続的なストレスと、不規則な睡眠です。

心や身体が疲れた時は、規則正しい、満足な睡眠をとる事が、第一に重要です。
夜中にいくら反省会をしても、ストレスと不眠が続き、泥沼に落ち込んでしまいます。

落ち込んだ時は、まずは何も考えず、ぐっすり寝て明日からに備えましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く