「プチうつ」を甘く見てはいけない理由。うつ病との違い

「プチうつ」と聞くと、ちょっと可愛い言葉に聞こえます。
だからと言ってこの症状を軽視してはいけません。

プチうつと「うつ病」は別の病気と考えている方も多いでしょう。プチうつがどんな症状の事を指しているのかを調べてみました。

プチうつ

プチうつは、うつ病です。

そもそも「プチうつ」とは何を意味しているのでしょうか。
プチうつ、という正式な病名自体はないようです。言い換えれば「軽症うつ病」の事を、一般の方にも認知しやすいように「プチうつ」と言い換えているのです。
では、軽度うつ病とは?

分かりやすくまとめると以下のようになります。

  • 従来の、いわゆる「大うつ病」の症状が軽いもの
  • 憂うつで落ち込んだ状態が長く続く
  • 自信喪失、自己評価の低下(マイナス思考)が長く続く
  • 原因の分からない、身体症状(身体の怠さや吐き気、頭痛など)を伴う

通常のうつ病(大うつ病)の場合は、こうした症状が2週間以上続き、社会生活にも明らかな障害を伴います。

軽度のうつ病(プチうつ)は、短いサイクルで頻繁に症状が現れる事があります。
最近よく聞く、「隠れうつ」という症状も「プチうつ」とほぼ同じような意味合いで考えられます。

いずれも共通しているのが、本人や周りの人が「うつ」と気付きにくい点です。
異常な身体のだるさや吐き気、頭痛などが長く続く事をきっかけに病院に行き、そこで初めて「うつ病」と診断されるケースもあります。

プチうつを甘く見てはいけない理由

「プチうつ」「軽度うつ病」と言っても、うつ病には間違いありません。
単純な「落ち込み」は違います。
単純な落ち込みや、憂うつはある程度の期間が立てば自然と消えて行きますし、身体的な症状は伴いません。

軽度のうつ病でも、放ってば重度のうつ病へと発展する可能性が充分にあるのです。
また、本当に軽度のうつ病を甘く見てはいけない理由が、1つあります。

突発的な自殺の危険性は、症状が軽い時期の方が高いという味方もあるからです。
重度のうつ病の場合は、それを実行する体力や元気すらなくなっているケースが多いですが、軽度の場合は、突発的に行動に移す場合もあります。

通常とは違う落ち込みや、憂うつ感。
異常な身体のだるさや、朝の吐き気など..

心当たりがある場合は、心療内科(または精神科)などで相談をしてみる事も大切です。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く