理想的な枕の高さって、どのくらい?枕の合わせ方

旅行などで慣れない枕を使うと、どうも落ちついて眠れない!という方は多いと思います。
私も、枕の合わせ方にはかなり気を使う方で、自分に合わない高さや固さの物を使うと、むずむずしたり、気持ち悪かったりして、イライラしてしまうほどです。。

枕の高さ

枕の高さ・固さは、睡眠の質を大きく左右する

今回は、私なりに枕を選ぶ基準をまとめてみたので、参考にされてみてください。
私みたいに神経質な人間は人は珍しいかもしれませんが、枕の高さや固さは、不眠症の改善や、快適な眠りの大きなポイントです。

快眠の為の、枕の高さの基準

一般的には、枕の高さは6〜10センチくらいの物が最も快適に感じると言われているそうです。

ただ、この「快適に感じる」という部分には、かなり個人差があります。ちなみに、私の場合は6センチくらいの、ちょっと低めの方が心地良く感じます。
また、枕の素材によって沈み込み具合が変わってきます。枕にしっかりこだわりたいのなら、実物をお店で確認するのが1番良い方法です。

最近では、枕の中身を自分で出し入れして、高さを調節出来る物があります。
これは、枕の高さを微調整したい、こだわりたいという方にはとても便利だと思います^^
横になって実際に使用してみることで、自分に合った高さが良く分かるはずです。

素材選びは「蒸れない」も基準に

次に、枕の素材です。素材は、固さにも直結するので、しっかり吟味する必要があります。
固さは、人それぞれ好き嫌いがはっきり分かれます。固いのが良いか、柔いのが良いか、というのは、その人の好き嫌いを基準に選ぶのが1番良いそうです。

ところで、ちょっと前まで「低反発枕」という、フィット感のよい枕が流行った時期がありました。

もちろん、低反発枕の使用感が好きという方は、長く使用するのも良いと思います。
ただ、低反発枕は密着度が高い枕ですので、夏の暑い時季にはあまりおすすめできません。。

「蒸れやすくなる」というのがその理由です。

頭にフィットしてくれるのは嬉しいのですが、蒸れて頭を冷やす事ができないと、寝つきも悪くなってしまいます。
日本では昔から馴染みのある「そば殻」の枕は、自然素材で通気性もよく、私のイチオシです。夏の熱い日には特におすすめです。

なるべく、購入前に試してみる

枕の合わせ方はとても難しく、なるべく実際に使用して、自分に合う高さなのか?素材は心地良いか?感覚を確認する事が1番大切です。

他の人には合う枕でも、自分には心地悪い枕では、意味がありません。ここら辺は、やはり『感覚』だと思います。
枕は、人間の身体で最も重い「頭」を支える物ですので、人によって使用感が違うのは当たり前なのかもしれません。

最近では、枕を実際に試せる寝具ショップも増えています。購入前に1度試してみることをおすすめします。

自分に合う枕は、自分の「感覚」を基準に選ぶ

「自分に合った枕」について調べてみると、面白いことに、この分野について研究している方は意外と多いです。
睡眠について研究している方から、枕メーカーの開発担当の方まで、幅広い方が「究極の快眠枕」を追い求めているようです。

ただ、こうした方それぞれが、おすすめしている枕の基準が違うというのも面白いですね ^^;

柔らかめの枕が良いという方もいれば、固めじゃなきゃダメ!と言った具合です。
やはり大切なのは、自分が使ってみてどう感じるか?だと思います。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く