精神科医から見た「セロトニン」の減少 – うつ病の適薬とは

現代を生きる人にとって、避ける事のできないストレス。
神経伝達物質であるセロトニンは、ストレスや不安感を抑制し、うつ病の治療や改善に重要な役割を果たすと考えられています。

セロトニンと聞くと、様々な精神・身体の不調や改善に効果あるとされ、万能薬のようなイメージを持っている方も多いと思います。
事実とかけ離れたような、突拍子もない噂話が出ると、セロトニン自体の信憑性を疑ってしまいそうになります。

セロトニンとうつ病

精神科医から見た「セロトニン」

先日、「マイナビニュース」に、神経伝達物質「セロトニン」と、うつ病に関する記事が掲載されていました。
この記事は、現役の精神科医の方の監修となっていたので、個人の方のブログ記事と比べても信憑性が高く、安心して読む事ができました。
改めて、うつ病の原因は脳内の神経伝達物質の現象が起因するという事を、はっきりと述べられています。

「一言でいえば、うつ病は、脳内の神経伝達物質が減少することによって生じる『脳の病気』です。
生活習慣や思考を変えたり、必要であれば薬の力を借りて、少なくなってしまった神経伝達物質を増やしたりすることで症状が改善されます。」

ー神経伝達物質の具体例を挙げると、「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」などが該当する。

 出展:マイナビニュース「なぜ、人はうつ病になるのか」

取材に答えた医師によると、セロトニンは減少すると不安感が増大する事も指摘しています。よく言われているように、朝から積極的に外出し、朝日を身体に浴びせる事が重要だという事が分かります。

自己判断で適薬を求めない

ただし、「うつ病」と「うつ状態」には違いがあります。先ほどの記事の中でも、次のように述べられています。

多くの体の病気に適薬があるのと同様、脳の病気にも適薬がある。
うつかもしれないと自覚したり、あるいは周囲が心配して通院を促されることがあれば、自己判断せずきちんと精神科を受診するようにしよう。

 出展:マイナビニュース「なぜ、人はうつ病になるのか」

果たして、気分の落ち込みが病気によるものなのか、それとも一時的なただの落ち込みなのか。この判断は難しいところだと思います。
普通に社会で生活し、人と交わる中で、憂うつや落ち込みを感じる事は、誰にでもある事でしょう。

時には親しい人との別れや、死別を経験する事だってあります。
耐えられないような憂うつ感や落ち込みを、病気と捉えるか、誰だって経験することだと、そのままにしておくか。判断はとても難しいことです。

精神科医にしてみると、この判断を自分で決めつけてしまう事は、少々危険だと考えているようです。
うつ病の症状が悪化していくと、通常の社会生活に支障を及ぼす程の、身体症状を伴います。また、1度発症すると、完治するまでに時間を要するのも、うつ病の特徴のひとつです。

周りの人が「病院に行くべき」という場合は、通常の落ち込みとは違っている可能性があります。また、日常生活に支障をきたし、中々改善する事のないような落ち込みには注意が必要です。
こうした場合は、あまり考え過ぎずに専門の医療機関を受診するように努めましょう。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く