セロトニンの「漢方薬」は売っている?

セロトニンについて調べ物をしている時に、とある掲示板に「セロトニンの漢方薬は」売っていますか?という書き込みがありました。

その方は、軽度のうつ病と不眠に悩んでいるようで、改善や予防として、セロトニンの漢方薬を探されているようでした。

結論を先に書きますと、セロトニンの漢方薬というのは販売されていないようです。また、セロトニン自体を直接体内に取り込むことはできませんので、セロトニンを直接摂取するという意味では、漢方薬、お薬、サプリメントというものは販売されていないのが現状です。

とは言うものの、脳内のセロトニンを増やすためには、お薬やサプリメントは有効です。私なりに、ちょっとだけ詳しく解説をさせて頂きます。

セロトニンを増やす、お薬やサプリメント

漢方_セロトニン

セロトニンを増やすためのお薬やサプリメントには、以下のような種類の物が存在します。

 お薬
SSRIと呼ばれる種類の効うつ剤が代表的。脳のセロトニン神経に作用する事で、一時的に脳内のセロトニン濃度を上昇させる。
副作用やセロトニン症候群が起こる可能性がある為に、医師の処方がなければ購入できない。うつ病やパニック障害などの治療の為に処方されることがある。
 サプリメント(トリプトファン)
セロトニンを脳内で作り出す、前駆体(材料となる物質)となるのがトリプトファンです。
トリプトファン自体は、あくまで普段の食事にも含まれている必須アミノ酸です。副作用やセロトニン症候群などの心配はありません。
最近では、セロトニンを増やす為のサプリメントとして、トリプトファンの含まれる物が一般的になってきています。
セロトニンのサプリメント – 比較ランキング
 サプリメント(ハーブ成分)
漢方に一番近い物としては、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)が代表的です。ハーブにそのような効果があるのか、疑問に思われる方も多いと思いますが、ドイツなどの一部の国では、未だに軽度のうつ病患者さんに処方されているほどです。
正確な作用機序は、はっきりとは解明されていないようですが、セントジョーンズワートがセロトニン神経に作用する事で、イライラやストレスの解消に効果があると考えられ、海外では評価されているものです。

病院でも処方される、漢方薬

漢方薬でも、不安やイライラに作用するお薬は多く存在し、精神科、神経科、心療内科を受診すると、軽度の不眠や憂うつ感に対して、処方される事があります。

もちろん、病院で処方されるものですので、保険の適用範囲になります。
ただし、最初には書いたように、セロトニンを増やす為の効果がある漢方薬は、残念ながら(私の調べる範囲では)存在しないようです。

病院で処方されるものには、ツムラというメーカーの物があります。
私自身、不眠とストレスによる軽度のうつ病を発症した際に、心療内科で処方された経験がありますが、2週間ほど飲み続けてみて、はっきりとした効果を実感することができませんでした。

 ツムラの漢方薬は効果がある?うつ病や不安・不眠症に

ただ、だからと言って全ての方に効果がないという訳ではないと思います。
実際に、漢方によってうつ病や不眠の根本的な改善に取り組み、効果を実感された方のお話はよく聞きます。

個人的には、睡眠薬や効うつ剤は、1度慣れてしまうとなかなかやめる事ができないので、最初は漢方やサプリメントを飲みながら、体質改善を行ってみる事を強くおすすめします。
もちろん、それでも不安感や不眠症に苦しむ方は、専門の病院でしっかりと相談され、その方にあったお薬を使用するようにしましょう。

この記事が、不眠や不安で苦しむ方にとって、何らかの参考になれば幸いです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く