セロトニンの睡眠効果 – 不眠症を根本から解決できる!

神経伝達物質「セロトニン」と聞くと、うつ病や不安神経症、パニック障害の改善をイメージする方が多いでしょう。
メディアによって、セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれるようになりました。ストレスや不安を解消するための脳内物質、というイメージが定着してしまったためとも考えられます。

しかし、セロトニンには健康的な生活を送るために、もうひとつ重要な役割があります。それが、睡眠の質を向上させたり、不眠症を解消させる効果です。
セロトニン_睡眠効果

なぜ、セロトニンで眠れるのか

セロトニン研究の第一人者ともよばれる、有田秀穂博士の著書、「脳ストレスに強くなる – セロトニン睡眠法」という著書には、セロトニンと睡眠の関係が様々な視点で解説されています。
この本の中でも詳しく解説されていますが、セロトニンと睡眠の関係について、決定的とも考えられているのが、睡眠物質のメラトニンを作り出す事です。

メラトニンの働きのひとつに、深部体温の調節があります。
深部体温とは、身体の内側の温度のことで、個人差がありますが、だいたい平均37度くらいで安定しています。この深部体温が、メラトニンの作用により、0.5〜1度ほど低くなると、私たちは眠気を催します。

メラトニンは、「睡眠ホルモン」という名前の通り、就寝する時間になると、人の身体の様々な器官に働きかけ、眠気を催します。
では、メラトニンはどのようにすれば、人の体内でしっかり増やすことができるのでしょうか。

睡眠中にメラトニンを分泌するには、さまざまな条件を満たさなければなりません。
まず、メラトニンはセロトニンを原料に合成されるので、昼間にしっかりセロトニンが作られていることが、第一段階です。
日が沈みはじめる夕方頃から、ストックされたセロトニンを原料に、メラトニンの合成がはじまります。

なぜ、セロトニンが不眠の解消に効果的なのか。上記にもある通り、セロトニンが作り出されることで、メラトニンの分泌が促進され、眠気を作り出してくれるからです。

セロトニンの、もう1つの役割

この他にも、最初に書いた通り、セロトニンは不安やイライラ、緊張感などを抑制する働きがあります。不眠症の原因として、非常に割合が多いのが、不安や緊張感など、ストレスに伴う不眠の症状です。
ストレスは、脳の自律神経を刺激し、交感神経を活発にしてしまいます。
通常、昼間に働く交感神経が夜間に働いてしまうと、深部体温が上昇したり、脳が覚醒され、寝つきが悪くなったり、中途覚醒や早朝覚醒の原因となってしまいます。

不眠症の方は、セロトニンを増やす事が、結果的に不眠症の根本的な改善に効果的であるという事を、常に意識しておくと良いでしょう。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く