セロトニントランスポーター – うつ病は遺伝で決まる?

人の幸福には、ある程度遺伝が関係している事を、知っていますか?
不安な気持ちや、うつ病の傾向に、遺伝的に関係しているのが、セロトニントランスポーターと言われる遺伝子です。

幸せの感じ方は、遺伝で決まる?

セロトニントランスポーターとは、脳の中で、脳内物質であるセロトニンを運搬する役割を果たす、重要な遺伝子です。その前に「幸せホルモン」と呼ばれている、セロトニンとは一体何物なのか?簡単にその概要を説明しておきます。

セロトニンとは

  • 脳の中心に位置する、セロトニン神経から作りだされる、神経伝達物質
  • 不安やイライラなど、様々な感情を適度に抑制する役割がある
  • セロトニンが不足していると、うつ病や不安神経症、不眠、パニック障害などの原因となる

セロトニンが、様々な心の病の原因となる事は、なんとなく分かって貰えたかと思います。穏やかな心を維持する為に、セロトニンは欠かせない物質なのです。

そして、そんなセロトニンを脳内で運搬し、感情を抑制するために重要な働きをするのが、セロトニントランスポーター
しかし、この重要なセロトニントランスポーターが、遺伝によってある程度決まってしまうという事が、研究によって明らかにされています。

セロトニントランスポーターが遺伝で決まる?

セロトニントランスポーターが遺伝によって決まってしまう、と言われても、イマイチ何の事かよく分からないかもしれません。実は、セロトニントランスポーターには、いくつかの形状が確認されているのです。

例えば、「不安型」と呼ばれる、不安を感じやすい形状のセロトニントランスポーターを持つ人は、せっかく脳内で作り出したセロトニンを、脳内の様々な神経に多く伝達する事ができません。
実は日本人にはこうした、不安型のセロトニントランスポーターを持つ傾向が比較的多いとされています。

対して、アフリカや欧米の場合、セロトニンを伝達する割合が多い遺伝子を持つ方が多いようです。「不安型」が多い日本とは、真逆の傾向である事が分かっています。

性格は、自分で変えられる!

こういう事を聞くと、落ち込みやすい自身の性格を、仕方がないと諦めてしまいそうです。。
しかし、セロトニントランスポーターによって、性格の全て決まってしまっている訳ではありません。

私としては、これまでもセルフコントロールによって、うつ病や不眠、落ち込みがちな性格を改善して来た、多くの人たちを知っています。
遺伝のせい、として何も行動を起こさなければ、本当に何も変えられない人生のままで終わってしまいそうです。

地道な事ですが、大切なのは普段の生活習慣や行動を見直す事だと思います。習慣は、人の性格、人生までも変える事ができます。

 管理人おすすめ – セロトニンサプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く