セロトニンを増やすための、日光浴時間とは?

快眠に不可欠な脳内物質「セロトニン」。

太陽を浴びることがセロトニンを増やす方法のひとつだということは、これまでにも何度かご紹介してきました。
しかし、ただ太陽を浴びるのではなく、効果的なポイントがあるので、詳しく説明しておきます。セロトニン_太陽の光

上手にセロトニンを増やすための、日光浴

太陽を浴びる時、注意してほしいポイントがあります。それは「時間」です。

長く浴びていれば、セロトニンが大量に生成されるというものではありません。セロトニンを活性化させるために最適な時間は、だいたい、20〜30分くらいと言われています。
それ以上光りを浴びると、セロトニン神経に備わる、自己抑制機能というものが働きはじめ、かえってセロトニンの活動レベルが下がってしまうのです。

また、浴びる光の強さにも注意が必要です。
照度という点から考えると、太陽の光りと言っても天気場所季節時間などによって強さは変わります。曇りがちな冬場は、やはり照度が下がりますし、カンカン照りの真夏では、日差しも強いでしょう。

もちろん、朝、昼、夜でも光の強さは変わってきます。
専門的な話しになるかもしれませんが、セロトニンを活性化させる光の強さは、2,500ルクス前後あればいいとされています。
ルクスというのは、光の強さを現る単位の事です。以下に、参考までに、照度の目安をまとめてみましたので参考にしてください。

光の照度の目安

※セロトニンの活性化に必要な光の強さは、2,500ルクス

  • 0.5〜1ルクス… 月明かり
  •   300ルクス… 日の出、日の入り時
  •   1,000ルクス… 晴れた日の夕方の太陽光(日の入りの約1時間前ぐらい)
  • 25,000ルクス… 曇りの日の午前10時ごろの太陽光
  • 32,000ルクス… 曇りの日の午後12時ごろの太陽光
  • 35,000ルクス… 晴れた日の午後15時ごろの太陽光
  • 65,000ルクス… 晴れた日の午前10時ごろの太陽光

夏の光りは強いため、セロトニンはすぐに活性化します。この時は、時間を短く、冬場は光りが弱いので長めに浴びるなど、調整をしてみましょう。
浴びる時間は、長くでも1時間ほどで充分です。

光りを浴び、セロトニンが活性化している時は、爽快な気分になるようです。太陽を体に受けて「気持ちがいい!」という状況が一番良い状態だと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

光を長く浴びていると、疲れたり、だるくなったりすることがあります。そんな状態になってきたら、光を浴びすぎて反対にセロトニンの働きが抑制されているかもしれません。そこからは日光浴をストップしましょう。

セロトニンは、目の網膜に光りを受けることによって、活性化します。
光を浴びるために外出しなくても、部屋のカーテンを思い切り開け、部屋に太陽の光りを取り入れるということでも充分なのです。

そう考えると、外出しても、サングラスをかけていては、セロトニンはあまり作られないということになります。
光りの数字はあくまでも目安として、「気持ちがいい!」と背伸びしたくなる感覚を大事にして、上手にセロトニンを活性化させましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く