仕事の事を考えると眠れない – プレッシャーが不眠症の原因に

夜になっても仕事の事を考えてしまい、満足に寝付く事ができない。。

こうした症状に悩むサラリーマンは、年々増加傾向にあるようです。
また、このような症状に悩む方は、生真面目で仕事に対しても熱心な方が多く、不眠症からうつ病への発展も心配されます。

誰かにとっては大して気にならない事であっても、真面目で一生懸命な人ほど、完璧にやり切ろうと考えてしまいます。
それが良い事かどうかは別の話だとしても、こうした人ほど、人一倍プレッシャーを感じる性格であるという事は、言うまでもありません。
会社にとっては、こうした真面目で一生懸命な人は、重宝するのではないでしょうか。

仕事の事を考えると眠れない

仕事の事を考えると眠れない、原因は

本人にとっては、この真面目な性格が仇となってしまい、夜眠れない症状へと発展していきます。何をしていても仕事の事が心配になり、頭の片隅にはいつも仕事の心配が居座って離れません。

そう言えば、あれはやっただろうか。あの書類を印刷しなければいけない。明日はあの人にこれをお願いしなければいけない。。

はたして、うまくいくだろうか。。

例え休みの日でも、眠りにつく瞬間でさえも、こうした心配事が消える事はありません。特に、就寝前にこうした心配事をする事は、不眠症の原因となるだけで、ひとつとして良い結果を招きません

眠る前に精神を緊張状態にしてしまうと、自律神経が大きく乱され、体には様々な不調を招きます。
例えば、自律神経の乱れによって引き起される症状の1つが、胃腸の働きを乱す事。すぐにお腹を崩してしまったり、消化が悪くなったり、妙な痛みを感じたり、、
こうした原因は、もしかするとストレスによる自律神経の乱れが原因なのかもしれないのです。

自律神経が乱れる事によって引き起される症状の代表的とも言えるのが、不眠症です。通常は昼間に働くはずの交感神経が、ストレスによって夜の間も働いてしまう事が、おおきな原因です。

目の前の事だけを考える

こうした症状を未然に防ぐ為にも、眠る前に仕事の事は考えないという事が大切です。
極端に言うと、ストレスを溜め込まない為には、仕事の場所以外で仕事の事を考える事は厳禁です。関係のない場所で、関係の無い事を考える行為は、ストレスを溜めやすい人の特徴です。

休日は遊ぶ事だけを考え、家族といる間は、家族の事だけを考える。
これが、ストレスを溜めない一番の方法です。

そうは言っても、実際にはどうやって実行したら良いのか分からない、という方は、夢中になれる趣味や運動を始めることです。
特に、体を動かす運動は、ストレスの軽減に効果的です。なるべく毎日続けて行うようにしましょう。

趣味の時間は、趣味の事だけを考え、目の前の趣味にだけ集中してください。とにかく、仕事以外の事を行っているときは、仕事の事を考えないようにしましょう。
不安や考え事で眠れない日が続くと、高い確率でうつ病の原因となってしまいます。この事は、充分な注意が必要です。

眠りに着く2時間前からは、とにかくリラックスする事を心掛け、仕事の事は一切考えない。
仕事でやるべき事などは、眠る2時間前までにすべてメモ帳などに書き出し、考えないようにする工夫も必要です。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 


2014年8月3日 仕事の事を考えると眠れない – プレッシャーが不眠症の原因に はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く