「仕事のせいで不眠症」睡眠時間が短くなるのは危険!

仕事のせいで不眠症に悩み続ける事は、あらゆる意味で危険なサインです。

ところで、夜が遅い仕事だから不眠症になる危険性が高いのかと言うと、一概にそうとも言い切れない気がしています。
例え仕事の時間が夜遅くても、心から充実していれば、寝つきも体調も悪くなる事はあまりないのではないかと、経験上思います。

逆に、就業時間が短かろうと、心を病んでしまうような環境では、身体も心もすぐにボロボロになってしまいます。
そうなった時は最悪です。これまでも何度か書いてきた通り、睡眠のサイクルが狂い始めると、人生の大切な柱が傾いたも同然です。

眠れない ⇒ 日中調子が悪い ⇒ 不安で余計に眠れない ⇒ 余計に調子が悪くなる

私の場合、見事にこのサイクルにはまってしまい、抜け出すのに2年近くの時間を要しました(今でも完全に抜け出せていませんが、、)。
これらは、あくまで私の経験ですので、もちろん誰にでも当てはまるとは言えません。

しかし、不眠で悩んでいる人なら、少なからず同じような経験をした事があるのではないでしょうか。

不眠症は就業時間に比例しない?

仕事のせいで眠れない
最初の話に戻りますが、仕事で不眠症に陥るのは、必ずしも就業時間が長いからとは言い切れません。
もちろん、帰宅時間が遅いから眠れないという人も沢山いらっしゃるでしょう。しかし、どれだけ就業時間が短くても、満足な睡眠を得られない状況に陥ってしまう人も居ます。

実は、私自身がそうでした。

自分の事を書くと少々長くなってしまいますが、元々忙しい仕事が好きだった私は、就職して最初の頃は、酷い時は深夜12時を回る時間まで会社に残り、仕事をしていた時期もありました。

この頃は、職場のメンバーの年齢が私に近い事もあり、明るくとても雰囲気の良い職場でした。
もちろん、辛い事も沢山ありましたが、相談に乗ってくれる仲間が居る事もあり、クヨクヨと悩む事はほとんどありませんでした。
仕事の内容も私には合っていたらしく、毎晩遅い時間に帰っても、疲れからぐっすり眠れていました。
しかし、転職をしてこの状況が一気に変わってしまいました。

不安は共有する事で軽くなる

相談する人が周りに居ない職場。
精神的に苦痛や疲労を感じる時間が長い職場は、本当に最悪です。

私が転職した職場はまさにこれでした。周りに相談する相手が居なかった事も、不眠症を悪化させた原因のひとつだったと思います。
例え相談する相手が居ても、自分が心から相談する気になれなければ、どうしようもありません。

私自身、誰かに相談しようと思えるほど、心に余裕が無かったという事もあるかもしれません。。
この頃、人生でもあまり無いような環境の変化も起こっていたので、その事も知らないうちに心の負担になっていたのかもしれません。
「辛い事」を共有できる相手が居なければ、悩みは一方的に心の中で増殖していきます。

夜になると、こうした不安は徐々に大きくなる一方で、いつの間にか私から睡眠を奪っていきました。これが、私の不眠の症状の始まりでした。

早めに症状と向き合う事が大切

私の場合、睡眠薬を処方して貰ったり、サプリメントや運動で体質を改善したり、ありとあらゆる方法を試し、今ではだいぶ不眠症の症状は治まっています。
しかし、究極の不眠症改善策は、根本的なストレスの元を断ち切る事が大切だと言う事は、言うまでもありません。これまでも何度か書いてきた通り、不眠症を放置しておくと、必ず心が病んでしまいます。

いわゆる「うつ病」などの気分障害です。
ここまでくると、仕事どころではありません。「私には関係ない、、」と思っている人にこそ、早めに症状と向き合い、対策をして欲しいと思います。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 


2014年9月24日 「仕事のせいで不眠症」睡眠時間が短くなるのは危険! はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く