「スローフード」な昼食の取り方がセロトニンを増やす

規則正しい食事の取り方を心がける事によって、睡眠の質は左右されます。これは、脳の自律神経と呼ばれる部分が関係しています。

交感神経(仕事タイム)→ 副交感神経(リラックスタイム)

自律神経を上記のように切り替え、ランチタイムは決まった時間に取ることが大切です。そのためには、食事の内容ももちろん重要ですが、朝・昼・夜の食事を、だいたい決まった時間に取ることも大切です。

食事

快眠に効く、食事の取り方とは?

規則正しく食事をしていると、食事のタイミングに合わせて体は消化酵素を用意してくれます。酵素は、細胞に栄養を吸収しやすくしてくれる物質です。
反対に酵素が少なければ、細胞に充分な栄養が行き渡らないので、老化につながることになります。

脂っこい料理は朝食に不向き

また、脂っこい料理などを食べると、吸収・消化に時間を要します。その間、副交感神経が働き続け、集中が必要な場面でも眠気に襲われてしまうようなこともあります。
もしくは、消化や吸収が十分でないのに交感神経が上がっていくことで、消化不良を起こすこともあります。

消化、吸収を促すのは副交感神経と呼ばれる神経です。ランチタイムまではバリバリ仕事をすれば、交感神経が目覚めているはずです。ランチタイムは上手にリラックスして、副交感神経に切り替えましょう。そうすると、身体がその時に必要な働きをきちんとしてくれます。
気の合う仲間を会話を楽しみながら過ごすのがおすすめです。

よく噛んで、いい事尽くし!

快眠に必要なセロトニンは、食事を20〜30分かけて、よく噛んで食べることで多く分泌されることが分かっています。噛む回数を増やす事で、セロトニン神経も鍛えられ、活性化します。

ですので、セロトニンの原料である、トリプファンビタミンB6、炭水化物を豊富に含む、歯応えのある固いものを積極的に摂るようにすると、理想的な食事といえるでしょう。
玄米、ゴボウ、干物、スルメ、煎った大豆、ピーナッツなどがそれにあたります。また、基本的なことですが、よく噛めば胃の負担も減らして、満腹中枢を刺激して過食を防いでくれますのでダイエットにも効果的です。

さらに、パロチンというホルモンや、ペルオキシダーゼなどの酵素の分泌を促してくれます。パロチンは細胞を活性化する若返りホルモンと呼ばれ、ペルオキシダーゼは発がん性物質が出す活性酸素を消してくれる働きがあります。

忙しいからと食事をかきこんだり、パンをかじるだけということではなく、ゆっくり味わって食べるスローフードのランチは、良い事尽くしです。
セロトニンもたくさん分泌して、ぐっすり眠れる手助けをしてくれるはずです。

自律神経と睡眠の関係について、詳しくは過去の記事でも説明していますので、参考にされてみてください。

  ドキドキして眠れない.. 眠ろうとすると動悸がする原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く