スランプもセロトニン不足?心の病に潜む原因

誰にでも一度は経験がある「スランプ」という現象。
仕事やスポーツなど、これまでうまくいっていた成績や実績が、一時的に突然落ち込んだり、うまくいかなくなったりする事です。

スランプと心の病、見分け方と対策

スランプの言葉の意味を調べてみると「一時的に」、、と書かれています。実際には、スランプの原因にはいくつかあるようです。

・周りの環境の変化
例えば周りの環境の変化、または自信の肉体や精神の変化など、これまでのやり方が通用しなくなると、今までのやり方は通用しなくなります。長く1つの事を続けていると、このような状況が起こりやすいかもしれませんね。。

・自身の肉体や精神的な変化
自分の事は、意識しなければ自分では中々気付かないものです。これまでと同じように何かに打ち込んでいても、気がつけば肉体の衰えや、意識(モチベーションなど)の低下が起こっている事も充分に考えられるそうです。

・新しいやり方に伴うスランプ
何かに長く打ち込んでいると、大なり小なり、新しいやり方を取り入れなければ進めない事が出てきます。そうした場合に、一時的な成績や結果が思うようにでなくなるのは当然の事かもしれません。

このように書いてみると、スランプが起こるのはごく当然のことのように思えてくるかもしれません。

長期間のスランプは注意が必要

しかし、上記に書いたような一時的なスランプではなく、長く続く出口の見えないスランプには注意が必要です。

あるスポーツ選手は、肉体的にも大変ハードなトレーニングを日々続けていたそうです。しかし、ある日突然、練習に対してやる気が出なくなり、もちろん結果も振るわなくなります。

段々とモチベーションも下がって行き、練習だけでなく、人と話したり、普段の生活の何もかもが面倒になっていったそうです。
身体も怠く、とうとう練習も休むようになってしまいました。

この選手は、ある有名なプロのスポーツ選手なのですが、残念ながら、突然の自殺という形で、人生を終えてしまったそうです。。

うつ病を脱するために

きっかけは、成績が思ったように振るわない「スランプ」から始まったのですが、この選手の場合は、後に「うつ病」と判断されていたそうです。

当たり前かもしれませんが、スポーツ選手のような、普段から身体を動かしている方でも、うつ病を発症することはよくあるそうです。
うつ病の原因は、不安や怒り、悲しみなどの感情を抑制する、神経伝達物質を作り出す「セロトニン神経」が弱ってしまう事で発症すると言われています。

このセロトニン神経は、極度の疲れによって正常に機能しなくなることがあるようです。
同様に、身体的な疲労だけでなく、過度なストレスなどの精神的な疲労も、セロトニン神経を弱らせる原因となります。

こうした症状を発症したら、一時的な「スランプ」とは考えずに、必ずゆっくりと休暇を取り、精神科や心療内科など、うつ病に詳しい医師の元で正しく治療することが大切です。
また、休暇を取った後は、徐々にセロトニン神経を鍛える為の訓練を行う事も大切だそうです。

朝日を浴びたり、徐々に簡単な運動を実践していく、など。脳のセロトニン濃度を高める為の方法です。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く