早朝覚醒の改善におすすめのサプリとは..

早朝覚醒とは、名前の通り朝早く目が覚めてしまう事を指しています。
ただし、「早起きできるのなら良い事なのでは?」などと考えるレベルの時間ではありません。
いわゆる睡眠障害の場合、朝早いと言っても、その時間は午前3時や4時くらいである事が多いようです。
まだ夜も明けていない、真っ暗な時間に目が覚め、そのまま眠りにつく事がでいない訳ですので、日中も疲れやすく、非常に辛い症状と言えます。

最近では、早朝覚醒のような症状を改善する為のサプリメントも販売されるようになりました。

早朝覚醒

早朝覚醒は歳と共に増えていく

不眠の症状の中でも、早朝覚醒は歳を重ねる毎に増えていく事が多い症状と考えられています。その理由は、年齢と共に減少していく、睡眠ホルモンに関係しています。

以下は、メラトニンの分泌量と年齢をグラフに表したものです。
見ての通り、一般的には成人と同時にメラトニンの量は一気に減少し始めています。

メラトニン_分泌量

睡眠ホルモン「メラトニン」は、私たちの身体の中で作られる、「自然な睡眠薬」と考えて良いでしょう。メラトニンが作られるお陰で、夜になると自然な眠気を感じ始め、深い眠りで朝までぐっすり休む事ができます。
睡眠の質を改善し、アンチエイジングの効果が高いとされ、メラトニンを増やす為のサプリは、欧米ではとても人気です。

睡眠にストレスは禁物

年齢を重ねる度に、睡眠ホルモンの分泌が少なくなっていく事は、誰にでも起こる事です。歳をとると実質的な睡眠時間が少なくなったり、早朝覚醒の症状が現れるのは仕方の無い面もあります。

また、メラトニンはストレスを受ける事でも分泌量が減ってしまいます
メラトニンの材料となる神経伝達物質、「セロトニン」は、セロトニン神経から分泌されます。
しかし、セロトニン神経はストレスや不規則な生活により弱ってしまい、セロトニンの分泌が減ってしまう事があるのです。

うつ病の患者さんはセロトニンの分泌量が少ないと言われていますが、ストレスや不眠が長く続くと、当然ながらセロトニン神経には大きなダメージが与えられます。

セロトニンのサプリが効果的

最初にも書いた通り、メラトニンを増やす為に、サプリメントを活用する人が増えています。欧米ではメラトニンを直接サプリによって摂取する事が認められていますが、日本ではホルモン物質をサプリで摂取する事は認められていません。

その代わり、メラトニンの直接の材料となる、必須アミノ酸が含まれたサプリが人気です。必須アミノ酸(トリプトファン)により、セロトニンの分泌を増やし、メラトニンを作り出すのです。
メラトニンを増やす事で、早朝覚醒の改善に一定の効果が見込めます。

また、セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、心を穏やかに保つ効果もあります。イライラやストレス、不安が原因で寝つきが悪いという方には、セロトニンを増やす事は非常に効果的です。

 セロトニンのサプリ – おすすめランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く