早朝に目が覚めて眠れない – これは病気?

早朝に目が覚めてしまう不眠症状の事を、早朝覚醒と言います。
早朝覚醒が辛いのは、明け方の3時や4時に目が覚め、再び眠るまでに時間を要してしまうことです。
一度目が覚めて、すぐにそのまま深い眠りに着く事ができれば、辛さは半減しますが、大抵の場合そうではありません。

早朝覚醒
早朝に目が覚め、中々寝付く事ができなけば、次の日は熟睡感が得られず、体調にも悪影響を与えます。

  • 朝からすっきりとした目覚め感を得られない。
  • 日中、頭がボーッとしてしまう。
  • 眠った気がせず、体がだるかったり疲れやすくなる。

早朝覚醒の辛い症状は、上記だけに留まりませんが、代表的な物を挙げてみました。

早朝覚醒は病気なの?

不眠症の場合、人によって感じ方は異なります。
病気なのかどうか、という定義も、人によって様々です。しかし、先ほど挙げたような症状が毎日続き、日常の生活が辛いと感じるのなら、それは立派な病気です。
睡眠障害と考えて、間違いはないでしょう。

不眠や睡眠障害は、軽視されがちな傾向があるようです。
しかし、多くの場合、放っておけば治るというものではありません。

むしろ、睡眠障害は長引くほど心理的なストレスも強くなります。ストレスが不眠の症状を悪化させるという循環を引き起こすことも、よくある話です。
不眠は、免疫力の低下や糖尿病、うつ病などを含む、様々な病気の根源にも繋がります。

早朝覚醒が長く続くようなら、迷わず専門の病院を受診してみることもお勧めします。

早朝に目が覚めない、具体的な方法

早朝覚醒は、睡眠障害の中の1つですが、場合によっては環境を変えることで改善する場合があります
例えば、寝具や寝間着を変えてみることによって、ぐっすり朝まで目覚めることなく眠れるようになったという方も居ます。
こういったケースでは、外部的な環境が要因となって、睡眠を妨げていたという事が分かります。

環境が原因でない場合、早朝に目覚める主な要因として挙げられるのが、睡眠ホルモンである「メラトニン」の不足です。
メラトニンは、これまでも何度か紹介してきたように、睡眠ホルモンとして脳の中で分泌される物質です。
メラトニンは、自然な眠気を作り出し、深い眠りに入るための重要な脳内物質なのです。
早朝覚醒以外にも、様々な不眠の症状に、メラトニンは有効です。

欧米では、サプリメントとしてメラトニンが販売されている事もあるようですが、日本では副作用の観点から、ホルモン物質の販売は禁止されています。
代わりに、メラトニンを作り出す材料となる物質、トリプトファンを含むサプリメントが販売されています。

睡眠サプリ

トリプトファンは、自然界に存在する必須アミノ酸で、安全性の高い栄養成分です。

不眠サプリが人気な理由

近年、手軽に処方される睡眠薬の安全性は、問題視されています。
トリプトファンやビタミンB群を豊富に含む、「不眠の対策用サプリ」に人気が集まっています。
海外では睡眠の質を高めるサプリメントは、一般的ですが、日本ではまだまだ認知されていないような気がします。

以下は、管理人がおすすめする、安全性の高い不眠対策サプリです。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

私が「不眠の対策サプリメント」を選ぶ時に基準としているのが、自然の成分を使っているかどうか。また、セロトニンの材料となる物質、トリプトファンが含まれているかどうか、という点です。

また、日本の会社が作っている物かどうか、と言う点も、安全面という観点から重要視しています。

 


2014年12月10日 早朝に目が覚めて眠れない – これは病気? はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く