早朝覚醒を解消する、対策サプリメントはある?

早朝覚醒は、不眠症の中でも代表的な症状の1つとも言える症状です。
朝早く目が覚めてしまい、その後なかなか寝付くことができない。この事が原因で、朝起きても身体が怠かったり、強い眠気が残ったままの症状を指しています。

ただし、早朝覚醒の症状は、あまり気にしないで良い場合もあります。また、早朝覚醒は体質改善によって予防する事ができるかもしれない症状です。さらに、最近では早朝覚醒を改善する為のサプリメントなども販売されています。

早朝覚醒とは

早朝覚醒
早朝覚醒とは、文字通り、あまりにも早く目が覚め、日中の生活に支障をきたすような場合を言います。ただし、予定よりも早く目が覚めてしまうという事は誰にでもあります。
どこからが病気で、どこまでが正常なのか、という事を把握しておく事が大切です。

ある睡眠専門医のお医者さんの著書を読んでみたところ、特に高齢の方では、早朝覚醒の症状を訴える方がとても増えているそうです。
書き方はあまりよくないかもしれませんが、こうした方の中には、自分が早朝覚醒だという、「思い込み」によって受診をされる方も多いそうです。

早朝覚醒で、気をつけた方が良い症状とは

睡眠専門医の方から見ると、早朝覚醒の症状とは、一体どういう状態の事を指すのでしょうか。
まず、普段よりも1時間程度早く目が覚めてしまった、という場合は、あまり気にする必要はないようです。

早朝覚醒というと、朝早く目が覚める事、と考えてしまいそうです。
しかし実際には、朝6時に起きようと思っていたのに、ほとんど明け方(深夜3時〜4時など)に目が覚めて、そのままほとんど眠れない状態が、病的な早朝覚醒の症状です。

こうした症状が長く続き、日中の生活に悪影響を及ぼすようになって始めて、病気として治療が必要な状態と言えるようです。
ただし、たとえ深夜3時〜4時のような早い時間に目が覚めるとしても、前日の就寝時刻が夜の20時頃だった場合は、睡眠時間は7〜8時間は確保出来ているという事になります。

この場合も、充分な睡眠時間を確保出来ているという点では、やはり不眠症とは言えそうにありません。。
それでも、日中に眠気や怠さを感じるという場合は、可能であれば短い時間の昼寝を取る事もおすすめします。

歳と共に、睡眠時間は短くなる

夜は22時や23時に眠っているのに、毎晩のように明け方の異様に早い時間に目が覚めてしまい、次の日の日中に、何らかの悪影響が出ているようならば、睡眠専門医などに相談してみた方が良いでしょう。
実は、高齢者の方は、早朝覚醒などの不眠症の症状を引き起こしやすい傾向にあります。

それはなぜかと言うと、睡眠を促す為の睡眠ホルモンである「メラトニン」は、年齢と共に減少してしまう傾向にあるからです。

メラトニン_分泌量
メラトニンは通常、夜になると脳の中で作り出される物質です。眠気を促し、睡眠のリズムを保ためには、非常に重要な物質です。
この物質は成人と共に徐々に減少していくのが普通です。特に運動や朝日を浴びる生活をしていないと、メラトニンの減少は顕著になります。
メラトニンを増やす為には、なるべく毎日続けて運動をする事、朝起きたらすぐに朝日を浴びるようにすると効果的です。

早朝覚醒を改善するためのサプリメント

最近では、メラトニンの材料となる脳内物質「セロトニン」を増やす事を目的としたサプリメントも販売されるようになりました。
セロトニンは、メラトニンを作り出す前駆体(材料となる物質)です。不眠症だけでなく、うつ病やパニック障害などの、心の病にも高い効果があるとされています。

日本製で安全性の高いサプリメントを以下にまとめていますので、参考にされてみてください。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く