SSRI以外で、セロトニンを増やす方法はある?

うつ病や不眠で悩む方にとっては、脳のセロトニンを増やす方法を、普段の生活の中で実践する事が、とても大切です。

セロトニンを増やすために、ついつい考えてしまうのが、心療内科や精神科で処方される、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などのお薬です。
SSRIは、セロトニン神経に作用する事で、一時的に脳内のセロトニン濃度を高くすることができます。

お薬なら、手軽に、簡単にセロトニンを増やす事ができるのではないかと考えてしまいそうですが、その危険性についても充分に認知しておかなければなりません。

SSRI_セロトニン_増やす

SSRI以外で、セロトニンを増やす為には?

日本でも「パキシル」「ルボックス」「ジェイゾロフト」「デプロメール」などのお薬がSSRIとして、処方されています。
主に、効うつ剤や不安神経症、パニック障害、不安の解消などを目的として、こうした薬が処方されています。

ただし、SSRIなどのお薬は、副作用や依存症の問題があるのも事実です。特にセロトニン神経に作用するお薬は、使用方法によっては、激しい離脱症状や副作用、不安感や焦燥感を引き起こすとされています。

SSRIの効果は一時的?

最近の研究では、SSRIなどの薬を使用し、一時的にセロトニンの濃度を増やす事は、統計的には軽度のうつ病を治療する際には効果が見られるそうですが、重度のうつ病にはほとんど効果がない、という事が明らかになったそうです。

また、これまでSSRIの使用頻度が高かった海外でも、近年はその考え方自体が徐々に改められていなす。
その理由をおおまかにまとめると以下のようになります。

  • SSRIに頼る事で、薬を辞められない患者さん増えている。
  • 離脱症状や発作などの副作用が増えている。
  • SSRIで、うつ病などの症状が改善する患者さんの割合が少ない。
  • うつ病などの症状が、悪化する患者さんもいる。

もちろん、こうした悪い事ばかりではなく、軽度のうつ病はSSRIによってすぐに治る症例も多いと言われています。
私個人の考えを書くと、SSRIに頼ることで、薬をなかなか辞めにくくなる事や、離脱症状などの副作用を考えると、あまり安易に薬に頼るべきではないと思っています。

実際に、海外では(近年では日本でも)SSRIのお薬を使用することで、発作的に不安感に襲われ、自殺をした事件が問題になっています。

薬に頼らず、セロトニンを増やす為に心掛ける事

SSRIに頼らず、セロトニンを恒常的(一時的ではなく常に)に増やす為には何に気をつけるべきなのでしょうか。
セロトニンの増やし方についての、詳しい書籍は沢山発刊されていますが、セロトニンを増やす方法をおおまかにまとめると、以下のようになります。

・毎日、リズムを意識した運動を継続して行う。
 セロトニンを増やす、リズム運動とは?

・朝日を浴びて、セロトニン神経に刺激を与える。
 朝のだるさ、眠気を吹き飛ばす方法

・食生活に注意する。
 セロトニンを増やす、食事のおすすめ

・恋人や家族との「触れ合い」でセロトニンが増える?
 セロトニンを増やす、食事のおすすめ

また、最近ではセロトニンを増やす為の材料となる、トリプトファンを多く含んだサプリメントも販売されるようになりました。食生活が不規則、不眠やストレスに悩んでいるという方にはおすすめです。

 セロトニンのサプリ おすすめ比較ランキング

薬に頼らず、セロトニンが恒常的に高い状態を保つには、毎日の習慣や心掛けがとても大切です。一日で体質が改善されることは、まずほとんどありません。
しかし、薬に頼るよりも、健康的に、常にセロトニン濃度が高く、充実した日々を送れる事は間違い無さそうです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く