ストレスで眠れない夜の対策方法 – 薬は良くない?

あまり大々的に報じられることもないので、いまいちピンときませんが、今や日本では、不眠症が国民病のひとつとも言える状況です。
国民の4人に1人は寝つきが悪い、夜中に目が覚める等の、睡眠の問題に悩まされているという統計データがあります。

眠れない

ストレスで眠れない夜が増えている?

不眠に悩む人が増えている背景には、いくつかの原因が考えられます。
時代の流れによって、夜の時間に働く人逹が増えたこと。眠らずに過ごすための環境が整ったことも、大きな要因です。

しかし、日本が不眠大国になった大きな原因として「ストレス」の問題を無視して考えることはできません。

日本人は、もともと気質的にストレスを感じやすい性格です。これは、欧米諸国の人と比べてみても、遺伝子の構造からそのような違いがあるとされています。
ストレスは、不眠症に直結する問題です。人は、ストレスを抱えたまま眠りにつくことはできません。

私たちの中枢神経は、少しでもストレスを抱えていると、眠れないようにできているのです。
仕事の問題や、人間関係。どのような理由にしろ、不安や悩み、イライラといった感情は、自立神経を刺激してしまいます。これは、昼間に脳が覚醒している状態と同じ状態を作り出してしまうのです。
脳は眠りにつくどころか、余計に考え事をしてしまったり、体の筋肉を硬直させてしまったりします。夜中や早朝に目が覚めるのも、同じことです。

安易に睡眠薬に頼ることの危険性

薬の危険性

あなたが眠れない原因が、もし「ストレス」にあるのなら、安易に薬に頼ることはおすすめできません。
ブログでは何度も説明してきているように、私自身(そして私の両親も)長年に渡って、安全と言われた睡眠薬を服用し続けていました。その結果、様々な問題が身体・精神面の両方で起こるようになってしまったのです。

ストレスや不安、悩み事で眠れない場合、病院で処方される睡眠薬は、気持ちをリラックスさせて眠らせるものが処方されます。
今、日本で処方される睡眠薬のほとんどは、こうした「向精神薬」と言われる、精神に影響するお薬です。

こうしたお薬は、一般的に考えられているよりも依存度が高いのが普通です。
実際に、お医者さんが安全だと言ったお薬でも、やめられずに苦しんでいる方は、私たちだけでなく、多くいらっしゃいます。

より安全な対策方法とは?

当然と言えば当然ですが、ストレスで眠れない場合の対処方法は、ストレスの原因となるものを取り除くことが最も有効です。
しかし、ストレスの元凶となる対象が、目の前から簡単に居なくなることはまずありません。
ストレスの原因となる、会社や学校をやめてしまうというのも、現実的にはなかなか難しいことです。すぐに決断できるようなことではないでしょう。

しかし、よく考えてみればストレスのない生活なんてまずあり得ません。どこに居ても、小さいか大きいかは別にしても、何かしらのストレスを感じるものです。
ストレスを全て取り除こうとしても、それは不可能です。
しかし、ストレスを溜め込まないように努力することはできます。やるとやらないでは、結果が全く変わってきます。

例えば、毎日必ず運動をするように心がけてみてください。
様々な研究によって、1日30分程度の運動によって、ストレスのかなりの部分が解消されることが分かっています。
他にも、休みの日の過ごし方が充実していれば、それだけで大きなストレス発散になります。

何もしないで過ごす。ストレスを感じていることを考え続ける。こうした行動は、ストレスを余計に溜め込み、憎大させます。
ストレスは、その都度意識して発散させることが重要なのです。これは、地道な生活習慣によって大きく改善できるものです。

安易に薬(睡眠薬や精神安定剤など)に頼っていては、いつまでも根本的な問題が改善されず、むしろ悪化してしまいます。
臭いものに蓋をし続けても、一向に問題の解決にはならないのです。

根本的な不眠対策に、安全なサプリメントとは

2015年9月28日 ストレスで眠れない夜の対策方法 – 薬は良くない? はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く