睡眠不足なのに眠れない – 眠りたくても眠れない原因は?

「人間は、人生の約3分の1を寝て過ごしている」そんなふうに言われていることがあります。しかし、おそらく現代社会において、それだけの睡眠時間を十分に確保できている人は少数派なのではないでしょうか。

通勤時間が1時間以上の人などは、都会では決して珍しくありません。それに、常に定時で帰宅できるわけでもありません。そうなると、真っ先に削られるのが「睡眠時間」となるわけです。

時計

近年、睡眠不足に悩まされている人は増加の一途を辿っています。睡眠不足になると、日中に眠気を感じ、集中力が低下します。それだけでなく、気分の低下からうつ状態に突入することもあります。臓器の健康状態も悪化し、病気の原因を作り出すことも分かっています。
つまり、睡眠不足が仕事や家庭生活など、あらゆる場面で大きな支障をきたすのです。

中には、「それは分かっているけれど、眠りたくても眠れない」という人も多いようです。一体、なぜでしょうか?

人は、体内リズムのバランスが崩れると、睡眠不足であるにも関わらず眠れないケースが出てきます。ここでは「寝不足なのに眠れない」という方に、自律神経の仕組みを交えながら、その対処方法を紹介していきます。

眠れないのは自律神経が関係していた?

突然ですが、寝ている間になぜ心臓が止まらないのか知っていますか?

それは、人間には自律神経と呼ばれる神経が備わっているからです。自律神経は「交感神経」「副交感神経」に分けられます。

脳

睡眠時には、副交感神経が優位となり、心臓は穏やかなリズムで拍動し、身体を休ませてくれます。一方で、日中の活動時には交感神経が優位となり、多少ハードな仕事であっても、それに耐えられるようにサポートしてくれます。

自律神経は、簡単に言うと体内にあるオンオフのスイッチのようなものですから、これが上手に切り替えられれば、睡眠に大きな支障はきたしません。ただ、切り替えると言っても、自律神経は自分の意志とは無関係に働くという特徴を把握しておかなければなりません。

では、このことを頭に置いて、なぜ眠りたくても眠れないのか?という点について考えてみましょう。

どうすれば睡眠不足を解消できるの?

睡眠不足であるにも関わらず眠れないのは、結局の所は身体が寝る準備態勢に入っていないからです。これは、自律神経の機能が大きく関係しています。

それは、本来は眠るためではない役目の「交感神経」が優位に働き続け、副交感神経が抑制されている状態にあるからなのです。
それでは、どのようにすれば、本来眠るために必要な副交感神経を優位にすることができるのでしょうか。

方法は色々ありますが、例えば寝る前の少なくとも1時間前には、コーヒーなどのカフェイン摂取を控えます。カフェインは交感神経を活発にさせますので、生姜湯などを飲むのがおすすめです。
またスマホやパソコンも就寝前には止めておきましょう。身体は休もうとしていますから、液晶画面から放たれる、日中の光に近いブルーライト(液晶画面発する特殊な光)が交感神経を刺激し、入眠時の妨げとなります。

穏やかな気持ちでいることが大切

質の良い睡眠

交感神経は、本来は「活動」を促す神経である、という点が大切です。例えば、考え事や不安、ストレスは、交感神経を刺激してしまいます。ストレスとは、本質的に自分の身を守ろうとしたり、他者を攻撃する性質があります。これらの感情が交感神経に働きかけるのです。
反対に、リラックスした状態は、副交感神経を優位にしてくれます。

もし、あなたが夜の時間に穏やかでリラックスできていないと感じているのなら、眠たくても眠れない原因は、そこにあるのかもしれません。
少なくとも、寝る前の1時間くらいから、リラックスするための時間をとるようにしましょう。

アロマを焚いたり、リラクゼーション効果のあるBGMを流したりするのも良いでしょう。とにかく、穏やかな感情で居られるように、時間を費やしてみてください。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く