睡眠時間は季節で変わる – 眠いのは春だけじゃない!

春は、他の季節に比べて良く眠れる。
春になると、仕事中でも、昼間から何故か眠くなってしまう。。

「春眠暁を覚えず」ということわざがありますが、春は他の季節に比べて、長く眠れたり、他の季節より眠くなる原因があるのでしょうか。

また、季節によって睡眠時間が変わるという事は、実際に起こるのでしょうか。
春の眠気

季節と睡眠時間の違い

この疑問に対する答えが、ある主婦向けの雑誌のアンケート結果と、エアコンメーカーの調査結果で明らかにされています。この記事によると、夏場は他の季節に比べ、睡眠時間が45分も短くなっていました。
また、秋から冬にかけてが、1番睡眠時間が長くなるという結果も明らかになっています。

これは、どうやら日照時間と脳の仕組みが関係しているようです。

日照時間と,睡眠時間の関係

人に身体は、太陽の光を浴びる事で、睡眠に様々な影響を与えることが分かっています。
例えば、朝の太陽の光を浴びる事で、身体の様々な器官を活動的にする為の「交感神経」。交感神経は、朝日を浴びる事で機能する事が分かっています。
また、朝の光は、セロトニン神経に働きかけ「セロトニン」と呼ばれる、神経伝達物質を分泌させる働きもあります。
セロトニンは、脳を活性化させたり、不安な気持ちを抑制する働きがあります。

また、太陽が沈む事によって、眠気を催す「睡眠ホルモン」である、メラトニンを生成することも分かっています。

春に眠たい理由

このような仕組みが分かると、なぜ秋から冬にかけて、睡眠時間が1番長くなるのかも分かると思います。
朝日が出始める時間が遅く、太陽が沈む時間が早い、秋から冬にかけては、脳もそれに応じて睡眠時間が短くなるという訳です。

、、しかし、そうなると「春眠暁を覚えず」という言葉の由来は、一体どこから来たのでしょうか。。
日照時間がそんなに長くない「春」の季節は、秋や冬と比べてもそんなに強い眠気を催さないはずです。

しかし、よくよく考えてみれば、睡眠は日照時間だけで全てが決まってしまう訳ではありません。睡眠は、周囲の環境に大きく左右されるものです。

その日の気温や、布団の感触、枕の高さなど、ちょっとした環境の変化は、睡眠に強く影響します。
春は睡眠にとっての気温も程よく、新しい環境での疲れや、冬の間の身体の強ばりも解け、他の季節に比べても眠気を催すのは、人として当たり前なのかもしれません。
最近では、効率的にセロトニンを分泌させ、睡眠ホルモンであるメラトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。
こうしたサプリメントは、不眠の解消だけでなく、不安やイライラなどのストレス解消にも効果があるとされています。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く