5人に1人が睡眠の悩み – 熟睡できない原因

日本は不眠症で悩む方の割合が比較的多く、人口の5人に1人は、睡眠に何らかの問題を抱えているという統計データがあるくらいです。

こうした症状の方は減る事はなく、年々増加しているそうです。

不眠症の改善には、様々な方法が紹介されていますが、規則正しい生活を心掛けていても、熟睡できないという方は沢山います。

不眠症の改善は、原因を知る事から

ところで、不眠症とは一体どのような状態の事を指すのでしょうか。
熟睡できない事を不眠症と言うのなら、日本人のほとんどは不眠症に当てはまってしまいそうです。。

不眠症とは、睡眠時間の短い・長いに関わらず、熟睡できない状態が続き、身体や精神に不調が現れる事を言います。

簡単に言うならば、「寝つきが悪い」または「熟睡できない」というような症状が、慢性化している状態です。これらの状態が長く続くようであれば、睡眠外来などが設置してある病院で治療を受ける事が、本来なら望ましい事なのです。

以下は、一般的な不眠症のタイプです。

・入眠障害
寝つきが悪い。布団に入ってもなかなか眠れない。ただし、1度眠れば朝まで眠れる。

・中途覚醒
眠りが浅く、何度も目が覚める。夜中に目が覚めて、その後なかなか眠れなくなる。

・早朝覚醒
起床しようと思っていた時間より、2〜3時間も早く目が覚めてしまう。早朝に目が覚め、そのまま眠れない。

・熟睡障害
睡眠時間は充分とったはずなのに、眠った気がほとんどしない。朝がつらい。

一般的な睡眠障害のタイプを書いてみました。
よく、睡眠時間が少なければ不眠症、という風に考える人もいるようです。しかし、実際は睡眠時間は人それぞれです。

朝しっかり起きる事ができ、日中に眠くなったりしなければ、例え睡眠時間が短くても気にする必要はありません。

不眠症の原因を知る

不眠症を改善したいなら、まずは自分がどのような種類の不眠症に悩んでいるかを、しっかり把握する事が大切です。それができたら、次に、その原因を特定します。

・身体の不調
例えば、咳や喘息、かゆみや痛みなど。何らかの身体的な不調が原因で眠れな場合は、その原因を治療する事が先決です。

・環境の変化
温度や騒音、明るさ。布団や枕。夜勤などで生活リズムが変わってしまうなど、環境の変化は、睡眠に大きく影響します。

・精神的なストレス
説明するまでもなく、緊張や不安、精神的なショック、悩みなどは、不眠症の原因としては非常に多いものです。

・薬、アルコールなど
アルコールやタバコ、カフェインなどは、睡眠にとって悪影響を与えます。また、薬の副作用で眠れなくなることもあります。

不眠症を改善するために

自分が熟睡できない原因はどこにあるのか、しっかりと把握できなければ、例え睡眠外来などの治療を受けても、効果的な治療を行う事ができません。まずは不眠を作り出す原因を改善し、それから必要に応じて、睡眠薬などの治療を模索するのが理想です。

不眠症は、様々なタイプがある事は、上記にも書いた通りです。それぞれに合った治療法を、専門医と相談しながら進めましょう。

最近では、睡眠薬の使用が一般的になってはいますが、依存性や副作用が全く無いというわけではありません。
睡眠薬で不眠症が解決できるとは思わずに、生活習慣や食生活に問題が無いかを考える必要があります。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く