睡眠は「成長ホルモン」を分泌させる – 疲労回復と眠りの関係

成長ホルモンと聞くと、身長を伸ばしたり、子供が育つ為に必要なホルモンというイメージが強いと思います。
それも正解ですが、成長ホルモンの役割はそれだけではありません。疲労回復や傷ついた細胞を修復する効果が得られるのも、成長ホルモンのおかげです。

大人にとっても重要な成長ホルモンですが、歳を取る度に徐々に分泌量が減ってしまう事も分かっています。
また、睡眠の取り方によっても、成長ホルモンの分泌量は大きく変わってきます。

睡眠_成長ホルモン

成長ホルモンの役割

最初にも書いた通り、成長ホルモンにはいくつかの大きな役割があります。

  1. 成長期の子供の、筋肉や骨を作り出す。
  2. 細胞の修復・再生、新しい細胞の生成。
  3. 身体の疲労を回復する。

寝る子は育つ、と言われますが、特に幼児の頃は成長ホルモンの分泌が多い事が関係しています。
この頃は睡眠時間をしっかりと取らせてあげなければ、成長や身体を作る為の、必要な成長ホルモンが作り出されません。

睡眠時間と成長ホルモン

実は、入眠してすぐの深い眠りが訪れる時に、成長ホルモンは多く分泌されます。
具体的には、寝入ってから2〜3時間後の、深い睡眠が訪れた時間帯(1〜2時間程度)です。この時間帯を過ぎると、成長ホルモンはほとんど分泌されません。

女性にとっては、成長ホルモンの分泌によってお肌の新陳代謝を促す効果があります。
睡眠をしっかり取らなければ、成長ホルモンが分泌さず、肌荒れや肌トラブルを引き起こす原因にもなりうるわけです。

睡眠の質を高くする

成長ホルモンをしっかり分泌させるには、先ほども書いた通り、寝入って2〜3時間後の、1番最初の「深い眠り」をしっかりと確保する事です。なるべく6〜8時間程度の睡眠時間を確保し、眠り始めた時間帯に何らかの原因で目が覚めないように、しっかりと環境を整えましょう。

寝る直前に食事をしたり、飲み物を摂取する事は控えた方がよいでしょう。深い睡眠に入った時間帯に尿意で目が覚めたり、腸が活動をして質の良い睡眠を妨げる原因にもなります。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く