睡眠の質を向上させる、とっておきの「荒治療」- 不眠症に

不眠症に悩む方にとって、眠れない時間を布団の中で過ごす事ほど苦痛なことは無いと思います。
また眠れない..と考えながら布団の中にいると、時間はどんどん過ぎて行き、余計に眠れない時間ばかりが過ぎていきます。

そんな時に、とても効果的な荒治療の方法があります。
それは、あえて睡眠時間を削ってしまうという方法です。

不眠症治療

睡眠時間の削り方

単純に睡眠時間を削ってしまう、と聞くと、無茶な事かと思われそうです。
しかし、睡眠時間を削るのには、ちゃんとした理由がありますし、無理のないやり方を実践します。

眠れない時間を無理に過ごそうとしない事

いくら眠れない時間を布団の中で、我慢しながら過ごしても、良い事は何一つありません。
それどころか、布団にいる事自体が「辛い事」として脳にインプットされ、眠ろうとすればするほど「今日も眠れないのではないか?」という不安な気持ちが増大してしていきます。結果、余計に不眠症を悪化させてしまいます。

眠れない時に無理に布団の中に居る事は、逆に不眠症を助長させてしまうのです。

正しく、睡眠時間を削っていく

睡眠時間の正しい削り方は、「眠れない時間は、なるべく布団の中に居ない」という考えを元に行うのが良いでしょうその為には、なるべく自分の睡眠時間を詳細に把握する事が重要です。

まずは、1週間程度で良いので、毎日布団に入った時間と、実際に眠りについた時間、朝の起床時間をメモ帳などに記録していきます。
記録していくと、布団に入ってから寝付くまで、布団の中で寝付けなかった時間が、平均的にどのくらいなのか分かるはずです。

ここでもし、毎日布団に入ってから、平均的に30分ほど眠れない時間があると分かったら、思い切って布団に入る時間を30分ほど削ってしまいましょう。
布団の中にいる時間が相対的に短くなりますし、睡眠時間も多少短くなるかもしれません。
しかし、その分質の良い睡眠を手に入れることができます。

起床時間は一定に保つ事

布団に入る時間をずらすと、慣れるまで多少の間は起きるのが辛く感じるかもしれません。しばらくすると慣れてくると思いますが、どうしても眠い時は、昼間に多少仮眠をとっても良いでしょう。
また、起床時間は毎日なるべく一定時間に保つ事が重要です。起床時間がずれてしまうと、夜眠くなる時間も一定の時間を維持できません。

休みの日も普段となるべく同じか、近い時間に起床するように心掛けてください。

 管理人おすすめ – 不眠サプリのランキング

 


2014年7月29日 睡眠の質を向上させる、とっておきの「荒治療」- 不眠症に はコメントを受け付けていません。 不眠症の原因

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く