「睡眠サプリ」のおすすめと、選び方

ぐっすり眠るために、副作用が心配な処方薬ではなく『サプリメント』を使ってみたい。と言う方も多いのではないでしょうか。
とは言っても、睡眠に関するサプリメントは、様々な種類の物が販売されています。

サプリメントは、病院で処方される睡眠導入剤とは成分も大きく異なり、副作用の心配がない分、眠れない時の即効性はあまり堅調とは言えません。
それだけに、サプリメントの役割をよく知り、自分に合った物を選び、体質改善に結びつけなければ、どれだけサプリメントを飲んでも「全く効かない!」という後悔を招くことになります。

睡眠サプリの選び方

まず、あなたが眠れない症状は、どのようなタイプのものでしょうか?
眠れないと一言に言っても、多くはいくつかの種類に分けられるはずです。

眠れない理由

  • ストレスや不安で、布団に入ってもなかなか眠りにつく事ができない。
  • 朝起きれない事が原因で、夜になってもなかなか眠れない。
  • 生活習慣が変則的(夜勤の仕事や時差ぼけ など)で、眠れない。
  • 寝つきは悪くないが、夜中や明け方に何度も目が覚める。

これらの中でも「朝起きれないので、眠れない」という症状は、まずは体質の改善が求められます。
睡眠の為のサプリメントを飲んで、しっかり眠れたとしても、次の日に昼まで寝てしまっては、結局その日の夜はまた眠れないという悪循環が起こります。

まずは朝早く起きるにはどうすれば良いのか?起きれない原因は何なのか?を考えると良いのではないでしょうか。
朝早く起きれるようになったのに、夜眠れないという場合は、眠れる方法を考えなければなりません。

次に、夜中や明け方に何度も目が覚める場合です。
どの程度目が覚めるのかによりますが、人間は歳を重ねる度に眠る時間が短くなっていくことが分かっています。
もし、夜中に目が覚めてしまっても、日中の活動に大きな支障が出なければ、それはあまり悩む必要はありません。明け方に目が覚める事も同じ事が言えます。
不眠には、心配する必要がない不眠もあるそうです。

何度も目が覚めて、次の日の仕事に影響が出るようであるのなら、質の良い眠り(途中で目覚めない、深い眠り)を手に入れるための方法を考える必要があります。

質の良い眠りの為に

眠りの質を高める為に重要なものが、睡眠ホルモンとも呼ばれる「メラトニン」です。
このホルモンは、睡眠を司どるとも言われる、睡眠にとって重要なホルモンです。
眠りにつく時間に、脳の中でメラトニンが分泌されることで、眠気を催したり、身体がリラックスしたり、心臓の動悸がゆっくりとなって、身体も心も眠る準備ができていきます。

残念ながら、日本ではメラトニンを直接取り入れる為のサプリメントは販売されていません。ホルモンに影響を与えるサプリメントは、日本では販売を禁止されているためです。
その代わり、メラトニンは「ナイトミルク」や「アメリカンチェリー」に多く含まれており、こうした物から摂取する事ができます。

ナイトミルクは、特別にメラトニンが多く含まれる時間帯に搾乳した、睡眠を促す為のミルクです。
日照時間の少ない北欧では、睡眠障害に苦しむ方が多く、慣習的に、寝る前にナイトミルクが飲まれているのです。

メラトニンを増やす事ができれば、睡眠を促す作用や、自律神経の興奮を抑え、リラックスした眠りにつく事もできます。
また、メラトニンは、セロトニンから合成される脳内物質ですので、後ほど紹介する「トリプトファン」のサプリメントを使用するのも非常に効果的です。

 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

ストレスや不安で眠れない

私の場合は、長い間仕事のストレスによる不眠に悩んでいました。
眠ろうとすると、将来や仕事の人間関係などを考えてしまい、不安で眠れなくなるのです。

また「眠らないといけない」と考えれば考える程、余計に神経が興奮し、眠れないのです。こうした症状におすすめなのが「トリプトファン」「ビタミンB6」のサプリメントです。

トリプトファンとビタミンB6は、脳の中で「セロトニン」を合成します。
セロトニンは、不安やイライラ、緊張感を抑制してくれます。
うつ病や不安神経症など、心の病はセロトニンの不足が原因とも言われています。

精神科や心療内科では、うつ病の患者さんに、セロトニンを一時的に増やすお薬(SSRI)を処方する事があります。

それほど、セロトニンは心のバランスを保つ為に重要だとされているのです。
処方薬(SSRI)の場合、セロトニンを作り出す神経に直接作用する為、依存症やセロトニン症候群など、様々な副作用が起こるとされています。

トリプトファンサプリメントは、あくまでもセロトニンを作り出す為の材料となる、必須アミノ酸を摂取する物です。
劇的な即効性は期待できませんが、副作用も無いと考えられています。
普段からの運動や、朝日を浴びる事などを心掛けながら、トリプトファンのサプリメントを使用することで、恒常的にセロトニンが分泌されやすい脳を作る事ができます。

こうした普段からの取り組みが、うつ病や不眠、体質改善の根本治療となります。

効果が高いとされる、ハーブのサプリメント

私自身は、使った事はありませんが、ハーブのサプリメントは寝つきを良くする為に効果があるとして、古来よりヨーロッパを中心に、医療の現場でも使用されてきたそうです。

中でも、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)は、ヨーロッパのいくつかの国では、お薬として、抽出したものをタブレットにして処方しているそうです。
日本では、セントジョーンズワートをお薬として使う事はありませんが、セロトニン神経に影響を与え、うつ病や不眠症に効果があるのではないか。として研究が進められています。

セントジョーンズワートはサプリメントとして販売もされていますが、他の薬(特に、効うつ剤)を使用している方は飲み合わせによる副作用に注意が必要です。
使用する前に、必ず医師に相談するようにしましょう。

セントジョーンズワートは、即効性がある、強い効果があったとされる研究成果もあります。同様に効果が無かったという意見もあるのが、現状での事実です。
古来から使用されている物ですので、不眠やうつ症状に、何らかの効果があるのではないか、というのが私の意見です。

この他にも、様々なハーブのサプリメントが、不眠に効くとして販売されていますが、そのどれもが、成分解析をしてみると、効果があるのか疑わしいと言われています。。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く