睡眠不足で「ネガティブ思考」に?! – 不眠対策が必要な理由

睡眠不足が原因で体調が優れなかったり、次の日の仕事に悪影響を与えるという事は、誰もが認める周知の事実です。
誰にでも、仕事や忙しい日が続き、数日間満足に眠れなかったという経験をした事があるでしょう。

その結果、次の日に頭がぼーっとしたり、眠くてとても仕事ができる状態ではなかったという経験も、きっとあると思います。
しかし、睡眠不足や不眠症がネガティブな思考の原因となり、コミュニケーション能力さえも低下させるという事実は、あまり知らないという人も多いのではないでしょうか。

不眠症_ネガティブ思考

睡眠不足が生み出す、ネガティブ

実は、不眠症はうつ病やパニック障害の原因として、とても多いものです。その仕組みは分かりやすく、眠れない事によって、自然と夜型の生活習慣が作られることにあります。
夜型の習慣は、脳の「セロトニン神経」という神経を弱体化させます。セロトニン神経は、神経伝達物質である「セロトニン」を作り出します。

実は、このセロトニンが、「ネガティブ」「ポジティブ」と言った感情と密接に関わっていると考えられています。セロトニンは、不安やイライラといったネガティブな感情を抑制する働きがあります。

また、セロトニンが脳内に増えることで、朝から交感神経を活発にし、心身共に活動的に保つ事もできます。

「セロトニン不足」が引き起す、負のスパイラル

ところで、セロトニンが不足すると、負のスパイラルとも言える現象が起こります。
セロトニンは、睡眠の質を高める「メラトニン」と呼ばれる睡眠ホルモンを作り出します。

メラトニンが夜間に分泌される事によって、自然と眠くなる体質が作られるのです。
しかし、睡眠の習慣が不規則だったり、夜型の生活が中心で、日中の活動量が低い人ほど、セロトニンは不足していきます。

つまり、不眠症によりセロトニンが不足し、うつ病を初めとしたネガティブな思考が作られます。この事で、余計に日中の活動が低下し、引きこもりがちな生活となるのです。
更に追い打ちをかけるように、メラトニンの分泌量が減り、余計に不眠の症状に悩む事となるのです。

ネガティブなサイクルを断ち切るには

1度こうしたネガティブなサイクルに陥ると、加速度的に「抑うつ症状」や「不眠症」の症状が酷くなります。自分で治す事が困難だと思う時は、躊躇せずに心療内科や精神科を受診することです。

通常の社会生活を困難に感じたり、辛く感じる日が毎日継続して続くようなら、それはただの「ネガティブ」ではなく、軽度、重度は別としても「うつ病」の可能性が高いでしょう。

症状が軽度ならば、日頃から朝型の生活を意識し、運動を心掛ける事でセロトニン神経を活性化させる事もできます。生活習慣を徹底して見直す事で、症状を改善する事ができるのです。

また、最近ではセロトニンを増やす為のサプリメントも販売されています。セロトニンの材料となる必須アミノ酸「トリプトファン」や、ビタミン類を効率良く摂取する事ができるので、非常におすすめです。

 
 セロトニンを増やすサプリメント – おすすめランキング

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く