睡眠中に分泌されるホルモンが、健康な体を作る

睡眠中の私たちの体内には、日中は起こらないような、様々な変化が起こっています。
中でも、いくつかのホルモンの分泌は、健康な体を維持する上でも、特に重要な現象と言えるでしょう。睡眠と生活習慣病

睡眠中に分泌されるホルモンと、その働き

ホルモンとは、人間の体の中で分泌される物質です。体を正常に保つ働きや、より良い状態に保ってくれる役割があります。

睡眠中に分泌されるホルモンはいくつかありますが、その中でも以下の3つは、特に疲労回復や健康な体を維持するために、重要な働きをしてくれます。

  1. 成長ホルモン
  2. プロラクチン
  3. コルチゾール

それぞれの働きについて、詳しく見てみましょう。

子供だけではない、大人にも必要な成長ホルモン

成長ホルモンという言葉は、聞いたことがある方も比較的多いのではないでしょうか。骨の発育を促し、子供の体の発育を促進させるという事は、一般にも広く知られていると思います。

「寝る子は育つ」と言われるように、子供の頃は睡眠を十分にとらなければ、発育に必要な成長ホルモンを得ることができなくなってしまいます。

誤解されやすいのですが、成長ホルモンは、何も子供だけが必要なホルモンというわけではありません。成長が止まった大人にとっても、大切な働きを沢山してくれます。

睡眠中に筋肉や体の様々な箇所を修復するために、アミノ酸からタンパク質の合成を担うのも、成長ホルモンです。
また、体の新陳代謝を促進させたり、脂肪を燃焼させる効果もあり、睡眠が美容に深く関係しているということも伺えます。

睡眠と成長ホルモンの関連については、以下の記事も参考にされてください。

 睡眠は「成長ホルモン」を分泌させる – 疲労回復と眠りの関係

 免疫力をアップさせる眠り方!眠ってから3時間が大事

母親に必要なホルモン、プロラクチン

プロラクチンは、別名「乳汁分泌ホルモン」とも言われるホルモン物質です。
その名前からも分かる通り、赤ちゃんに必要な母乳の分泌を促すホルモンで、体の疲労回復にも寄与すると考えられています。

このことからも、母親が、なるべくしっかりと睡眠をとる事が大切だということが分かります。

コルチゾールは、朝から快活に

コルチゾールと聞くと、あまり良いイメージを持たれていない方がほとんどでしょう。コルチゾールは、ストレスを受けることによって体内で分泌されるホルモンです。
コルチゾールが分泌されすぎると、脳や体の器官には、良くない影響を与えます。
しかし、同時に適度なコルチゾールの分泌は、人間の体内には必要不可欠なものなのです。

通常、睡眠の時間にはコルチゾールの分泌が下がりますが、朝が近づくにつれて、分泌量が少しづつ増えていきます。
これは、朝から身体を活動状態にするために、必要な準備をしているということです。

ten

これら3つのホルモン物質は、適正な睡眠時間を保つことによって、正常な分泌を促すことのできるホルモンです。

睡眠時間を削るような生活を続けてしまうと、せっかく分泌されるはずのこれらのホルモンが、正常に分泌されなくなってしまいます。
どんなに忙しくても、健康の為に、必要最低限の睡眠時間はとるようにしましょう。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く