睡眠薬以外で眠れる方法 – 自然な「睡眠力」を作るために

私自身、睡眠薬には長年お世話になっていました。
1度睡眠薬で眠る事に慣れてしまうと、睡眠薬を使用する事に対して不思議と抵抗が薄れていきます。

こうなると、楽な方に流れる私のようなタイプの人間は、中々睡眠薬を手放す事ができなくなってしまうのです。

 睡眠薬「マイスリー」を使っていた感想 – 副作用と依存症

眠れないという事が、どれほど辛い事なのかはよく分かっているつもりです。
それでも、不眠症で悩んでいるという方は、まずは睡眠薬に頼らずに眠る方法を実践してみては如何でしょうか。

もちろん、色々な方法を試してみても、どうしても眠れないという時は、無理をせずに、心療内科や睡眠専門外来で相談してみる事をお勧めします。

睡眠薬以外で眠れる方法

自然な睡眠力を上げるために

元々、私自身、睡眠薬に頼っていた時期があると書きましたが、今は睡眠薬に頼らずに、自分自身の「睡眠力」を高くする方法を追求しています。
「睡眠力」という言葉があるのかどうかは分かりませんが、自分の中にある、「自然に眠る力」の事を指しているつもりです。

 睡眠ホルモンを増やす方法で劇的に眠れる

そもそも、人間を含めた様々な動物は、自分で眠る力を備えています。
特に、脳に蓄積した疲労を解消するには、睡眠以外の方法はありません。

ラットを使った実験では、ラットを無理に眠らせないままにしておくと3週間で死に至るという事が分かっています。人間も全く同じです。
たった数日間眠らないでいるだけで、幻覚や食欲減退が起き、正常な状態では居られなくなってしまいます。

眠れないとは言っても、限界がきたら自然と眠るのが実際のところだと思います。問題は、自然に眠れる方法と、睡眠時間なのです。

睡眠薬は、精神安定剤に非常に近い性質を持っています。原理としては、脳の中にある、感情に作用する神経に作用し、眠気を誘います。
神経に作用すると書きましたが、これは自然な眠気とは言えません。薬を止めてしまえば、当然ながら元の状態に戻ってしまうか、多くの場合、薬への依存によって余計に自然に眠ることができなくなってしまいます

睡眠薬に頼らない方法とは

あなたがもし、不眠症に悩んでいて、本気でその事をどうにかしたいと考えているのなら、以下の事は取り組んでみる価値があると思います。

  • 1日1回、30分程度の運動を行う。
  • ストレスを溜めない生活を心がける。
  • 毎日決まった時間に眠り、決まった時間に起床する。
  • 眠れない日は、無理に眠ろうとしない。
  • 昼寝は30分以内にする。

前提として、夜型の生活で暮らしている方は、朝型の生活に変える事が必要です。
その上で、上記のシンプルな方法を、毎日必ず、習慣として行ってみて欲しいです。

私自身、上記の方法を3ヶ月間続けただけでも、目に見えてそれまで以上に眠れるようになりました。
最初のうちは朝が辛い、中々眠れない、といった症状にも悩まされてしまい、ストレスを感じることもありました。しかし、3ヶ月も続ければ、それも次第に薄れてきます。

既に睡眠薬を使用しているという方は、いきなり止めてしまう事は不可能です。
徐々に睡眠薬の量を減らしていくようにしてください(減薬療法)。
減薬療法は、ほとんどの医師が推奨しています。まずは、医師に問い合わせてから行うようにしてください。私の場合も、本当に少しづつ、睡眠薬を減らすようにして成功しました。

不眠症対策のためのサプリメントを併用して使うと、朝の寝起きもだいぶ楽になります。当サイトでもおすすめのサプリメントを紹介していますが、全て睡眠薬と併用しても問題の無い物だけを紹介しています。

時間をかけて、少しづつ..

何事も長く時間をかけて取り組む事で、成果を得られるようになると思います。
不眠症という病気は、病院に行ってもすぐに改善されないケースもよくあります。

自分で治そうとしても、体質や、生活習慣を変える必要があるのも事実です。
もちろん、それなりに長い時間がかかります。
それでも諦めずに、毎日少しづつ取り組んでいれば、必ず「自分なりの眠り方」が見つかるはずです。

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く