「睡眠薬は依存しない」はやっぱりウソだった?

私の家族は、私も含め、両親も(そして祖母までも)睡眠薬を毎日服用しています。私は最近になって、ようやく睡眠薬を断つことができましたが、未だに家族は薬をやめることができません。

特に薬の服用がやめられないのが、母です。

60歳を過ぎた母は、もうかれこれ5年以上、毎日欠かさず睡眠薬を服用しています。今でも2週間に1度、病院に通っては睡眠薬を処方してもらっています。5年間で睡眠薬だけに20万円以上は支払い続けている計算になります。

余談ですが、私たち家族全員の睡眠薬の購入費を換算すると、50万円くらいにはなる計算です。文字通り、薬漬けの状態です。

薬

「睡眠薬は依存しない」はやっぱり嘘?

こう書くと、医療関係者の方に怒られるかもしれませんが、実際に薬を服用している人達を見てみれば明らかです。
現在、日本で主流となっているのは、マイスリーハルシオンなど、ベンゾジアゼピン系非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる部類のお薬です。これらの薬は、安全性が高いと言われているはずの薬です。
また、依存性が少ない薬として紹介されることが多い薬でもあります。

しかし、実際には、これまでにも説明してきた通り、これらの薬は長期間の服用により依存を形成する薬なのです
ですから、薬の添付文章には、長期間の服用をしないようにと書かれています。

実際に、私が長期間服用していた「マイスリー」の添付文章にも、以下のように書かれています。

マイスリー添付文章

画像:マイスリー 添付文章

継続投与を避け、短期間に留めること。これが、この薬の重要な注意事項です。
繰り返しますが、マイスリーは多くのお医者さんが「依存性のない、安全な薬」と言って処方しているお薬です。

なぜ継続して服用してはいけないのか?それは、習慣性(依存性)があるからです。これも、添付文章にはっきりと記載されています。

疑いたくはないけれど、、

私の友人に、看護婦として病院に勤務する30代の女性がいます。彼女も、病院の夜勤という仕事に勤務する特性上、不眠に悩み、彼女自身が働く病院で睡眠導入剤を処方してもらっています。

そしてやはり、薬の依存性に悩み、苦しんでいるのです。病院に勤務する医師や、薬剤師の方でも、実際に使用してみればこうした薬に依存性があることはすぐに分かるはずです。

そして、何よりも薬の説明にもそのように書かれています。

私の母や、私にしてみても、もし薬を使用する前に依存性があると知っていれば、こんなに睡眠薬に依存することは無かったと思います。
安全な薬だし、依存性がない。そう聞いていたから、安心して服用していたのです。

誰だって、自分の健康を預ける医師を疑いたくはありません。
疑いたくはないけれど、薬を処方していれば、病院が儲かることくらいは知っています。もし、薬を全く処方せずに、根本的な治療法があるのなら、病院が儲からないということも分かります。

いずれにしても、私は自分で調べ、自分で不眠を解消することができました。3年ほど睡眠薬を服用していて思ったことは、この薬は依存性があり、気分を憂うつにしてしまう薬だということです。
もう、睡眠薬だけは一生服用しないと決めています。

2015年10月1日 「睡眠薬は依存しない」はやっぱりウソだった? はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く