睡眠薬に慣れるとどうなる?長く飲み続けることの問題

インターネットで調べてみると、睡眠薬に関する悩みとして特に多いのが、薬が徐々に効かなくなる。それから、薬の種類や量を増やさないと眠れなくなったという話です。

私自身、睡眠薬を服用していて、徐々に効きが悪くなって苦労したということがありました。
睡眠薬に耐性ができてしまう。つまり、薬に体が「慣れてしまう」ことによって、同じ薬では効きが悪くなってしまうことも、充分にあり得ます。

睡眠薬は耐性がないと思っている方も多いようですが、そんなことはありません。

常用により効果が弱くなる耐性が生じ、数週間でほとんど効果がなくなるが、そのために多剤大量処方となりやすく、とりわけ長期間、高用量の服用で離脱症状が激しく生じるため、急な断薬は推奨されない。

 

出展:「Wikipedia – 睡眠薬

特に、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系といった、睡眠薬の中でも現在主流の睡眠薬の場合、こうした傾向が強いのです。

薬

このような、多くの人が常用している睡眠薬の場合「安全、安心」といったイメージが強いのですが、実際には依存や耐性を形成しやすい薬なのです。もちろん、製薬会社でも長期間の服用は推奨していません

お医者さんの事を悪く言うつもりはないのですが、現実は、多くのお医者さんがこれとは逆のことをしているのです。
長期間の服用が推奨されていない睡眠薬を、2週間以上に渡って患者さんに服用させています。このような事は、世界的に見ても珍しいようで、日本の医療が独特であることの表れなのかもしれません。

睡眠薬を長く飲み続ける問題

薬に強い、弱いは関係ありません。ベンゾジアゼピン系や、非ベンゾジアゼピン系などの、向精神作用のある睡眠薬を服用することの問題は、依存と耐性の形成。それから、「推奨されていない服用の仕方である」という問題です。

しかし、多くの患者さんは「知らない」というだけで、長くこうした薬を飲み続けているのです。そして、そこには「薬の耐性」だけでなく、「依存」という原因が見え隠れしているように思います。

必要以上に睡眠薬を怖がる必要はないのですが、睡眠薬を飲まずに寝ようとしても、それが自力でできないということは、依存を形成している可能性が高いのです。
ほとんどの患者さんは、自分が薬に依存しているという事に気付いていません。

それでも、「睡眠薬がなければ、夜が不安」「やめようとすると、以前より余計に眠れなくなった」「睡眠薬なしでは眠れない」という状況は、依存の可能性が高いのです。
向精神作用のある睡眠薬(睡眠導入剤)特有の副作用として、やめようとすると不安になる、という症状があります。

あなたが、もし睡眠薬を服用する量が増えているのだとしたら、それは薬に慣れてきているのではなく、依存を作り出している可能性が充分にあります。
あなたが服用している睡眠薬は、長期間の服用が推奨されていない薬ではないでしょうか?また、向精神作用のある薬ではないでしょうか?

気になった方は、自分が服用している薬の名前で、インターネットで検索してみる。または、図書館などで薬の成分について詳しく書かれている書籍を読んでみることをお勧めします。
残念ながら、お医者さんや薬剤師さんがお話しする内容が、全て正しいとは限らないのです。

睡眠薬には、耐性の問題があります。依存の問題もあります。いずれも、気が付いた時には、薬をやめようとしてもやめられないという状況になっているかもしれないですから、充分に注意する必要があるのです。

2015年9月3日 睡眠薬に慣れるとどうなる?長く飲み続けることの問題 はコメントを受け付けていません。 睡眠薬に頼らない

安心・安全な不眠サプリメントなら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

  • 10日間の返品保証
  • 今だけの 5,980円1,980円 に割引中
  • 定期購入はいつでも解約可(解約金不要)
マインドガードDX

マインドガードDX

  • ストレス対策にも効果的
  • ネットだけで10万本以上の販売実績
  • 自然な成分のサプリメント
ネムリス

ネムリス

  • 厳選された、自然なリラックス成分
  • 不眠ケア+ストレスケア+美容効果も!
  • トリプトファンやビタミン類を効率良く